1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. 野性味が魅力! ベンガルヤマネコの血を引く猫種「ベンガル」

猫が好き

UP DATE

野性味が魅力! ベンガルヤマネコの血を引く猫種「ベンガル」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まるでヒョウやチーターがイエネコになったかのような、ワイルドな見た目が特徴の猫「ベンガル」をご存知ですか?野性味がありながらも、気品と可愛さをもつ魅力的な猫種です。今回は、ベンガルの歴史をはじめ、その特徴や性格などを解説します。

ベンガルってどんな猫?

ベンガルのトラ男ちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ベンガルは、さまざまな猫種のなかでも比較的新しい猫種です。
ベンガルの祖先であるベンガルヤマネコ(アジアンレパードキャット)は1960年代、密猟者の横行により数が激減しました。そののち、アメリカのブリーダーが種の保護のために、野生のベンガルヤマネコのメスを入手。
1970年代には、猫白血病ウイルスのゲノム研究のため、ベンガルヤマネコとイエネコが交配され、その結果生まれた子猫が、ベンガル誕生のルーツとなりました。
1991年にはアメリカ国内でベンガルの人気が高まり、2016年からはCFAで血統登録が始められています。

ベンガルの特徴は?

ベンガルのKING君
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

野生のベンガルヤマネコの血は、外見の特徴にもよく表れています。
ボディは長くがっしりした印象で、筋肉がしっかりとしており、一般の猫よりも一回り大きい体格です。一方で、体格のわりに頭部は小さい傾向に。
被毛は短毛から中毛くらいの長さで、毛柄は大理石模様のマーブルと、斑点柄のスポッテッドの2つのタイプが存在。そのスポッテッドのなかでも、輪模様の中央が地色とやや異なる淡い色で大型斑紋の場合はロゼットとも呼ばれます。毛色はブラウン(ブラック)、シルバー、ブルー、スノウ(アイボリー)など。
野性味たっぷりな姿は、チーターやヒョウを好む人たちから特に大きな人気を集めています。

ベンガルの性格は?

くつろぐベンガルたち
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

野性的な外見のベンガルですが、飼い猫に向くように交配されてきたため、野性的な面は残しつつも温和で、人なつっこくフレンドリーな性格です。甘えん坊ですが、必要以上にベタベタされることは苦手。おしゃべりが好きな傾向にあり、よく鳴くタイプが多いようです。
また、大の遊び好きが多いのもベンガルの特徴。一般的な猫の運動能力のひとつ上をいく活動量をもつため、たっぷりと遊んであげることが大切です。

イエネコと野生のベンガルヤマネコをルーツにもつベンガル。改良が進み、飼いやすい性格に改善されていますが、猫によっては野性味を強く残しているタイプも存在しているそう。ベンガルという猫の特徴をしっかりと理解して、飼うかどうかの判断をすることが大切です。

参考/ねこのきもちWEB MAGAZINE『ベンガルの特徴・性格・飼い方』(監修:CFAオールブリード国際審査員 サンフラワーキャットクラブセクレタリー ヤマザキ動物専門学校講師 ヤマザキ動物看護専門職短期大学講師 高野八重子先生)
文/kagio
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る