1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫の甲状腺機能亢進症~原因と対策・食事療法

猫の甲状腺機能亢進症~原因と対策・食事療法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頸部(首)にあり、ヨウ素を利用して甲状腺ホルモンをつくる甲状腺。この甲状腺が肥大化し、過剰に甲状腺ホルモンが生み出される状態が、甲状腺機能亢進症です。最近は、フードでコントロール可能ですが、食べないといった問題が生じる恐れも。猫が高齢になってきたら要注意です!

ヨウ素を制限する食事で、病状をコントロールできるように。

 甲状腺機能亢進症は、高齢の猫によくみられます。代謝が異常に活発になるため、年齢に似合わないほど活動的になったり、食欲が旺盛なのに、やせてきたりします。
 従来は薬物や外科手術による治療が中心でしたが、ヨウ素の含有量が厳密に制限された療法食のみで、病状をコントロールすることも可能になりました。療法食のみで栄養管理をし、おやつなどのほかの食品を与えないよう徹底する必要があります。

引用元:ねこのきもち『愛猫の栄養学事典』

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る