1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 愛猫は何よりも“お尻ペンペン”が好き!

愛猫は何よりも“お尻ペンペン”が好き!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。『ねこのきもち』編集室の担当Yです。わが家には3匹の猫がいましたが、この1年半の間に立て続けに2匹の愛猫を看取り、現在は1匹のみとなりました(涙)。

残った愛猫は、ユメ子(メス・11才)といいますが、これが何ともハイパー猫で、激しく動き回るのがお好みのようで、寝ているとき以外まったりしません。
飼い主にもまだ心を許していないようです(って暮らし始めて11年!)。

ねこのきもちweb

ブリティッシュショートヘアーに見えなくもない(?)、ミックスのユメ子。
動物病院の獣医さんの策略にはまり、保護してはや11年半…。

ねこのきもちweb

なぜ、飼い主に寄りつかないかというと、今年の春に虹の橋を渡ったお兄ちゃん猫、マメ太郎(オス・享年16才/写真左)にべったりだったから。

いつも一緒だった「仲間」を失った彼女の喪失感を思うと切ないですが、ひとつだけ嬉しいことが。
人にほんの少しだけ寄ってくるようになったのです!

ユメ子の人への要望はただひとつ! 
それは「お尻ペンペン」。激しければ激しくペンペンするほど喜びます。
ソファに座っていると上がってきて、おもむろにお尻を向けポーズをとるユメ子。
満足すると床に下り、また上がり…これを延々繰り返します。このしぐさを動画で撮ってみました。




この「お尻ぺんぺん」、気持ちいいみたいで、好きな猫って多いみたいですね。
理由は「ねこのきもち」にくわしく載っています! ふむふむ、なるほど。

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る