1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. しぐさ
  4. 服やブランケットのニオイを嗅いで「クサ顔」をする猫 なぜそんな顔になる?|獣医師解説

猫と暮らす

UP DATE

服やブランケットのニオイを嗅いで「クサ顔」をする猫 なぜそんな顔になる?|獣医師解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
子猫がこのあと見せる「表情」に注目!
お子さんの服やブランケットを荒らす、ししゃもくん
@shishamo_0219
こちらは、Instagramユーザー@shishamo_0219さんの愛猫・ししゃもくん。

この日、ししゃもくんはお子さんの服やブランケットなどの上に乗って、グチャグチャに荒らしていたのだとか。思わず「やめて〜!」と言いたくなってしまいますが、無邪気な行動が愛らしくて、つい見てしまいますよね。

そんなやりたい放題のししゃもくんでしたが、このあと「まさかの表情」を見せ、笑いを誘っています!
「クサ顔」をするししゃもくん
@shishamo_0219
顔をしかめたかと思ったら…

この表情(笑)

「クサ顔」をするししゃもくん
「クサァ…」
@shishamo_0219
カメラに向かって「クサ顔」を見せるのでした。「クサァ…」というセリフが聞こえてきそうなナイス表情を見せる、ししゃもくん。一体どんな気持ちなのでしょうか?

【獣医師解説】服やブランケットを嗅いで「クサ顔」をする猫の心理

気持ちよさそうに眠る、ししゃもくん
@shishamo_0219
お子さんの服やブランケットなどを荒らしたあとに、ししゃもくんは「クサ顔」を見せていましたが、この様子からどのようなことが読み取れるのでしょうか。ねこのきもち獣医師相談室の白山さとこ先生が解説します。

「クサ顔」こと、猫のフレーメン反応とは?

白山先生:
「猫飼いさんの間で呼ばれている『クサ顔』とは、いわゆる『フレーメン反応』のことで、猫がフェロモンを確認するときに見せる反応のことです。

猫の上あごには2つの穴があり、鋤鼻器(ヤコブソン器官)という器官に繋がっています。猫は興味のあるニオイを見つけると、口を開けて鋤鼻器にニオイを取り込み、フェロモンを確認しようとします。このときの口を半開きにした状態で静止する反応を、フレーメン反応といいます」

猫はどんなものにフレーメン反応を起こしやすい?

白山先生:
「猫がフレーメン反応を起こしやすいのは、次のようなものです。
・人の汗
・自分のお尻まわりのニオイ
・ほかの猫のニオイ
・ハッカ系のニオイ
猫がこれらのようなものにフレーメン反応をする理由は、猫のフェロモンやそれに似た成分を感じとったときにフレーメン反応を起こしやすいからだと考えられています。

紹介したししゃもくんは、お子さんの服やブランケットで遊んでいるなかで、お子さんの汗などのニオイや自分のニオイなどに猫のフェロモンに似たニオイを感じ、フレーメン反応である『クサ顔』をしたのでしょう。

また、フレーメン反応には個体差があり、よくする猫もいれば、ほとんどしない猫も。猫によってわかりやすい表情をするコもいれば、普段とあまり変わらない表情でするコもいるようですね」
掲載協力/Instagram(@shishamo_0219さん)
(監修:ねこのきもち獣医師相談室 獣医師・白山さとこ先生)
※この記事は投稿者さまにご了承をいただいたうえで制作しています。
取材・文/雨宮カイ
CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る