1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 猫は「またたび中毒」にならない? 「またたび」を猫に与えるときの注意点は

猫と暮らす

UP DATE

猫は「またたび中毒」にならない? 「またたび」を猫に与えるときの注意点は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特定の人物にとっての大好物や効き目がある事柄を表現するとき、「猫にまたたび」ということわざが使われます。それくらい猫にとって反応が大きいまたたびですが、興奮を求めてクセになることはないのでしょうか。ねこのきもち獣医師相談室の原駿太朗先生にお話を伺いました。

そもそも、またたびって何? 今さら聞けない謎の正体

転がるうにもちゃん(サイベリアン)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー
またたびは、小さくて白い花を咲かせるマタタビ科マタタビ属のつる植物のことです。別名で「夏梅」と呼ばれることもあり、日本の山地などに広く自生しています。

2つの物質が作用して、強い興奮を!

なぜこの植物で猫が興奮するかというと、またたびに含まれるマタタビラクトンと呼ばれる臭気物質と、フェニルエチルアルコールという物質が影響します。両物質の作用により、猫は興奮したり、ヨダレをたらしたりするのです。

【獣医師監修】依存症もありえる? 強い興奮をもたらすまたたび

おもちゃを捕まえるレオくん(MIX)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー
――猫に強い興奮を与えるまたたびですが、一度与えるとクセになるのでしょうか。人のアルコールやタバコのように、またたびも依存してしまうことはありますか。

原先生:
「またたびは人におけるアルコールなどのように猫を興奮させる作用はありますが、依存性はないといわれています」

――なるほど。猫はまたたびが大好きだけど、またたびがないと過ごせないほど依存してしまうことはないのですね。

【獣医師監修】依存性はないけど、体の負担になることも!

またたびボールで遊ぶあずきちゃん(MIX)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー
――猫に強い興奮をあたえるまたたびですが、与えすぎるとどうなってしまうのでしょうか。

原先生:
「猫によっての差はありますが、興奮をもたらす作用がありますので過剰な投与は体の負担になってしまうことがあると予測されます。少量を頻度多く与えてしまう場合よりも、一度にたくさん与えてしまった場合の方が、よりその後の様子を注意して見守るべき。どちらの場合も興奮しすぎて苦しくなっていないか、呼びかけに反応しているかなど、意識があることの確認はしっかりとするようにしましょう」

――与えすぎると猫の体に負担をかけてしまうこともあるのですね。またたびは、しっかりと量を守って与えていきたいです。
依存性はないものの、強い興奮を伴うまたたびは与えすぎると危険です。商品のパッケージに記載されている量を守って、安全に与えていきましょう。
(監修:ねこのきもち獣医師相談室 獣医師・原駿太朗先生)
参考/いぬのきもちWEB MAGAZINE『獣医師が解説|効かない猫も?またたびの効果・危険性・上手な与え方』
取材・文/小崎華
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る