1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫の嗜好品「またたび」|効果や与え方・危険性を知っていますか?

猫の嗜好品「またたび」|効果や与え方・危険性を知っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも「またたび」って何?なんでまたたびで猫が喜ぶの?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

「またたび」とは、白くて小さい花を咲かせるマタタビ科マタタビ属のつる植物のこと。別名「夏梅」とも呼ばれます。日本では山地などに広く自生しており、それほど珍しい植物ではありません。またたびには「イリドミルメシン」や「イソイリドミルメシン」などの、総称「マタタビラクトン」と呼ばれる臭気物質が含まれています。

このマタタビラクトンが、猫の口蓋(こうがい)の奥にあるフェロモンを感知する器官「ヤコブソン器官」を刺激することで中枢神経を麻痺させ、性的興奮を催したりよだれを垂らしたりするのだそうです。個体差はありますが、またたびを使った猫には以下のような変化が見られます。

・興奮する
・よだれを垂らす
・またたびに体を擦り付けて喜ぶ
・ゴロゴロ喉を鳴らして機嫌がよくなる
・酔っ払ったようになる

粉末のタイプが多く販売されていますが、またたびが練り込まれた粒タイプのものや、スプレータイプのものもあります。

またたびに似た効果を持つ植物

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

またたびに似た効果を持つ植物があるのをご存知ですか?代表的なものが「キウイ」です。キウイはまたたびと同じマタタビ科マタタビ属の植物。またたびと同様にマタタビラクトンが含まれています。キウイの場合、根や葉にマタタビラクトンが多く含まれているのですが、スーパーに並んでいるような美味しく品種改良されたキウイには、ほとんど含まれていないそうです。

キウイ以外だと「イヌハッカ」というハーブも、またたびと同じような効果を発揮します。「ネペタラクトン」という、猫が興奮する物質が含まれているからなのだそうです。日本ではキャット・ミントという呼ばれ方もしています。キャット・ミントなのにイヌハッカとは、なんだかおもしろいですね。

またたびの効果やメリット、上手な使い方

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

またたびは、「ただの嗜好品」「与えると興奮して面白い」だけのアイテムではありません。使い方によっては、普段の生活の助けになる場合も多いのです。

食欲増進!

猫にご飯を食べてもらいたいときは、フードにまたたびの粉末を少しかけると、喜んで食べてくれるかもしれません。しかし猫の食欲不振には、重大な病気が隠れていることがあります。まずは原因を探ってみて、夏バテで食欲がない場合や、ただ何となく食べたくないという場合のみまたたびを使ってみてくださいね。

また、かつて砂漠に住んでいた猫は水をあまり飲まない傾向にあるのて、水分不足が原因の病気にかかりやすいと言われています。もし水分不足が心配なときや実際水を飲んでくれないときには、飲み水にまたたびの粉末を少しかけてあげると、水を飲むようになることがあります。ちなみに水不足で病気になっている場合は、またたびを使用しても大丈夫か、かかりつけの獣医さんに相談してください。

新しい道具に慣れてほしいとき

猫は慎重な性格の子が多いので、新しいグッズには警戒してしまい、長いこと近付かない場合があります。しかし新しい爪とぎや新しいキャリーバッグなどは、出来れば早く慣れてもらいたいですよね。そんなときは、少しだけまたたびの粉末をかけてみてください。またたびにつられて、それらのグッズを使ってくれることがありますよ。一度触れることができれば警戒心も解かれるので、うまくいけばすぐに慣れてもらえますよ。

ストレス解消&運動不足解消

猫とのおもちゃ遊びは、ストレス解消や運動不足解消の意味もある、大切なコミュケーションです。しかし猫の性格やその日の機嫌によっては、一緒に遊んでくれないこともあるでしょう。そんなときは、おもちゃに少しまたたびをかけてみて下さい。興奮して運動量が向上し、機嫌も良くなって一緒に遊んでくれるはずですよ。ほかにも、ガチャガチャで出てくる丸いカプセルの中に固形のまたたびを入れて、一人遊びさせる方法もあります。

脳の老化防止にも?

またたびが練り込まれたおもちゃやまたたびの木など、ものを「かじらせる行為」は脳の老化防止になると言われています。ただし固すぎるものは歯に悪いので、かじらせるものはちゃんと選んで与えましょう。

またたびにデメリットってあるの?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

またたびの袋をひっくり返して猫が大量にかぶってしまったり、またたびを保管していた場所が嗅ぎつけられて猫が袋を引き裂いてしまったり、日常生活で発生しがちなアクシデントには要注意。またたびは中枢神経を麻痺させて快楽を与えるものなので、麻痺のレベルがあまりに強いと呼吸困難に陥るおそれがあります。

呼吸困難はただ苦しいだけでなく、脳に酸素が行き渡らない時間が長いと障害が残ったり、最悪の場合死に至る場合も。またたびの扱いや保管場所には、十分に気を配ってください。後述しますが、これは摂取量が過剰だった際の問題なので、適量を守れば問題ありません。

またたびを与えない方が良い場合

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

またたびを与えると猫はさまざまな反応をしましますが、強い興奮を伴う場合が多いため、猫の体に負担がかかることもあります。生後数か月の仔猫やシニア猫、心臓が悪いなど持病を持つ猫には与えない方が良いでしょう。体調が悪くなる恐れがあります。

また、またたびを嗅ぐと一時的に元気になったように見えるので、体調が悪い時に与えると「回復したのかな?」と勘違いする恐れがあります。体の負担にもなりますので、体調が悪い時や病気のときは、またたびを与えない方が良いでしょう。

またたびの正しい量や与え方を解説!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

平均体重の成猫の場合、1回に与える量は0.5g程度、耳かき1杯分くらいが適当だと言われています。与える頻度は多くても1週間に2回までに留めて、連日与えるのは避けてください。粉末やスプレータイプなどまたたびの形状によっても量は変わってくるので、商品に記載されている分量を守って使用してくださいね。

なお、猫には個体差があるので、あくまでも「一般的な目安」だとご理解ください。またたびを最初に与える際は、既定の分量よりもごくごく少量からはじめていき、大丈夫そうなら徐々に量を増やして既定の量にする、といった流れにすると安心ですよ。

またたびが効かない猫もいる?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

またたびはフェロモンを感知する器官を刺激して、性的興奮を起こします。そのため発情期を迎えていないメス猫や性的に未熟な仔猫に与えても、あまり反応を示さないことがあるようです。避妊や去勢を行った猫はそもそも発情をしなくなるので、またたびへの反応が薄くなる傾向があります。

また、またたびへの反応は個体差もあるようです。人間もお酒を飲んで酔っ払う人とそうでない人がいるように、猫の中にはまたたびに全く興味を示さない子もいるそうですよ。

またたびはあくまで嗜好品ですので、必ずしも与える必要はありません。もし与える際には、メリットとデメリットの両方を理解してからにしましょう。反応が面白いからといって何度も与えず、猫の体調を見ながら適切な量をあげるようにしましょうね。

出典元/『ねこのきもち』2017年5月号「猫に嗜好品はいかが?」(監修:モノカ動物病院院長 小林清佳先生)
監修/ねこのきもち相談室獣医師
文/higarina
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る