1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. イヤ〜ン!猫が人の言葉を話しているように聞こえた瞬間5つ

イヤ〜ン!猫が人の言葉を話しているように聞こえた瞬間5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イヤ〜ン!猫が人の言葉を話しているように聞こえた瞬間5つ

猫の鳴き声を聞いていると、「え、今しゃべった!?」と驚くほど、人間の言葉を話しているように聞こえる瞬間がありませんか?


今回は、思わず人の声に聞こえる猫の鳴き声について、どんな気持ちで鳴いているのかに迫ります!


5つのシチュエーションごとに見ていきましょう。

①人がくしゃみをすると、高い声で「ヒャヒャヒャ」と鳴く

ねこのきもちweb

これは、カミナリ音のように予測できない音を聞いて、反射的に驚いて高めの声が出ている可能性があります。


くしゃみの声が大き過ぎると逃げてしまうことがありますが、もしかすると「逃げるほどではない」と判断したのかも。

②「おはよう」とあいさつすると、高めの声で「アニャニャー(おはよう)」と鳴く

ねこのきもちweb

猫が高めの声で鳴いている場合、甘えながらゴハンを要求しているのかも。
これまでの生活の中で愛猫がこの鳴き方を習得したのは、飼い主さんが毎朝話しかけていたからでしょう。

③マッサージをすると、高めの声で「いいねぇ〜」と鳴く

ねこのきもちweb

猫が高い声で鳴いている場合、いい気分で甘えながら鳴いているのでしょう。
しかし、少しイライラし始めることもあるので、マッサージはほどほどに終えてあげましょう。

④ゴハンの時間になると、食事コーナーの前で低めの声で「ちゃわん」と鳴く

ねこのきもちweb

低い声で同じ時間・場所で鳴く場合、猫はゴハンがもらえることを学習していると考えられます。
場所的にも、「ゴハン」や「茶碗」など、飼い主さんが聞こえてしまうこともあるかもしれませんね。

⑤目薬を差すとき、子どものように高い声で「イヤ〜ン」と鳴く

ねこのきもちweb

鳴きながらも暴れたりせず、静かに点眼されている場合は、高い声でかわいく「やめて」のお願いしているのかも。


ちなみに、目薬は背後から差すと、猫が怖がりにくいのでオススメですよ。


猫の鳴き声を注意深く聞いてみると、ほかにも人の言葉に聞こえるものもあるかもしれませんね!



出典/「ねこのきもち」2016年10月号『鳴き声の「高さ」で気持ちがわかる! サウンド オブ MEOWジック』
文/二宮ねこむ
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る