1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫は静かに食事したい! 愛猫が喜ぶフードの与え方は?

猫と暮らす

UP DATE

猫は静かに食事したい! 愛猫が喜ぶフードの与え方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の「嬉しい」を増やすために、飼い主さんができることはたくさんあります。

今回は、その中のひとつでもある、「静かな場所で食事をさせてあげる」ということに注目して解説します。また、複数飼い猫やシニア猫への食事の与え方のポイントなどもあわせてご紹介します。

猫は誰にも邪魔されず静かに食事がしたい

台の上に顔をのせているアメリカンショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は捕まえた獲物を安全な場所に持ち帰り、誰にも取られないように食事をする習性があります。そのため、室内で生活する猫も、誰にも邪魔されず静かな場所で食事するのを好むのです。ご飯や飲み水は、部屋の隅など人の出入りが少ない場所に置くなどして、工夫してあげましょう。

また、猫の食事中は近づかないようにするのもポイント。近くでじーっと見つめたり触ったりすると、ストレスになることもあります。様子を見るなら、少し離れたところから見てあげてくださいね。

複数飼いの場合はどうしたらいい?

蝶ネクタイをしたマンチカン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

複数飼いの場合、強い猫がほかの猫のご飯や水を横取りしてしまうことも。そのため容器を別々にして、それぞれ違う場所で食べさせてあげるのもおすすめです。

また、ほかの猫の食事を奪わないように、ケージに入れて与えるという方法もあります。これだと、1匹ごとの猫の食事量を管理しやすくなりますし、療法食を与えている猫がいる場合に、ほかの猫のフードを食べる心配もありませんよ。

食事の場所とトイレは離してあげて

白いボウルで食べているエキゾチックショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

野生の時代の猫は、ニオイで居場所がバレないように、排泄場所から離れて食事をしていました。今でもその名残で、トイレの近くで食事をしない猫もいます。また、猫はニオイに敏感ということもあり、食事の場所とトイレはできるだけ離して設置しましょう。

シニア猫にはラクな姿勢で食べられるように工夫を

食事する2匹のノルウェージアンフォレストキャット
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

シニア猫の場合は、足腰の負担を減らすために、食事台などを使って少し高さを出すのがおすすめです。フードボウルを台の上にのせることで、自然な姿勢で食事ができ消化もしやすくなりますよ。

毎日当たり前のようにする食事こそ、快適で嬉しくなる工夫をしてあげたいですね。ちょっとの気づかいで、猫が心地よく暮らすことができるのです。猫が嬉しいと感じることは飼い主さんにとっても幸せなこと。ぜひこれからも愛猫と一緒に楽しく過ごしてくださいね。

参考/「ねこのきもち」『ねことのキョリが縮まる本』(監修:獣医師 ペット行動カウンセラー 藤井仁美先生)
   「ねこのきもち」2017年6月号『一緒に暮らすことがもっともっと楽しくなる ねこと私のHAPPY 100』(監修:モノカどうぶつ病院院長 小林清佳先生)
文/ishikawa_A
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る