1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫の疲れを癒すおススメ「顔周りのツボ押しマッサージ」

猫と暮らす

UP DATE

猫の疲れを癒すおススメ「顔周りのツボ押しマッサージ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い日々の疲れが残っていて、バテ気味になっている猫も多いのではないでしょうか。
そんなときには、愛猫とのコミュニケーションを楽しみながら病気を予防し、バテた体を癒すツボ押しマッサージがオススメ。

ツボ押しというと「難しそう」に思うかもしれませんが、今回紹介するのは誰でも簡単に行えるものなので難しく考えずチャレンジしてみてください!

体の熱を取り、元気度をアップ!

顔周りで効果が期待できるのは、目の上下や頭のツボ。体にこもった熱を取る、リラックスを促す、元気度をアップするなどの効果が期待できます。目の上下を触るときは、顔の真正面からではなく、猫に見えにくい角度からさりげなく手を伸ばして。

刺激するのはココ!

撮影/石原さくら

目頭と鼻の間にある「四白」は体の熱を取る効果、下顎の付け根にある「下関」は体の熱を取るほかリラックス効果が期待できます。

目の下のツボで体の熱を取る

目と鼻の間をやさしく指圧

猫の目と鼻の間(四白)に指先を当て、やさしく刺激。飼い主さんの体勢により、やりやすい指を使ってOK。

撮影/石原さくら

下顎の付け根へ向けてゆっくりなでる

指先を顔の斜め後ろへ動かし、下顎の付け根(下関)で止めます。10回ほど繰り返し、反対側も同様に行って。

撮影/石原さくら

目の上のツボでリラックスを促す

刺激するのはココ!

撮影/石原さくら

目頭の上にある「睛明」は、リラックスを促す&ストレス解消効果が期待できます。

目頭の上をやさしく刺激

目頭の少し上(睛明)に指先を当て、ジワッとやさしく押して刺激します。

目尻に向けて目の上をなでる

目の形に添うように、指先をゆっくり目尻方向へ動かします。10回ほど繰り返したら、反対側も同様に。

撮影/石原さくら
撮影/石原さくら

額~頭のツボで元気度アップ!

刺激するのはココ!

眉間中心の「印堂」はリラックス、頭頂部の「百会」は元気度をアップする万能のツボ。

撮影/石原さくら

眉間の中心から頭頂部をなでる

眉間の中心(印堂)から頭頂部(百会)に向けて、指先でやさしくなで上げるように刺激します。

撮影/石原さくら

ティースプーンを使うのもオススメ!

顔周りのツボ押しには、手で10秒ほど握って温めたティースプーンを使ってもOK。裏側の丸い部分でやさしく刺激して。

撮影/石原さくら

ツボ押しマッサージを始める前にチェックしたいこと

部屋を快適な温度にしておく

部屋が暑過ぎたり寒過ぎたりすると、ツボ押しの効果が得られにくいことも。予め、26~28℃の適温に調節しておきましょう。

猫がリラックスしているときに行う

猫が活発に動いているときではなく、リラックスしているときに行って。ひなたぼっこ中や、甘えてきたときなどがオススメです。

飼い主さんに余裕があるときに行う

飼い主さんが慌ただしくしていると、緊張感が猫に伝わります。飼い主さんも時間と気持ちに余裕があるときに行いましょう。

ウォーミングアップから始める

いきなりツボ押しをするのは控えて。まずは、顔周りなど猫が喜ぶ部位をやさしくなでるスキンシップから始めましょう。

一度に 10 ~ 20 回くらいを目安に

最初のうちは、1つの動作を10~20回ほど繰り返すことから始めて。猫が慣れて気持ちよさそうな様子なら、回数を増やしてOK。

猫が嫌がる部位は無理に行わない

猫がしっぽをパタパタ動かしたり、耳を反らせたりするのは、「イヤ」というサイン。その部分は無理に触らないようにしましょう。

顔周りには多くのツボが集中しています。頬や顎を撫でる流れの中で、自然にツボ押しを取り入れてみて。また、短時間でも毎日繰り返すことで愛猫との絆をより強める効果も期待できるので、ぜひ気軽にマッサージに挑戦してみてくださいね。

参考/ねこのきもち2019年8月号『夏バテ解消ツボ押しマッサージ』(監修:アニマル・ケアサロンFLORA院長 日本ペットマッサージ協会理事 中桐由貴先生)
文/浪坂一
撮影/石原さくら
※この記事で使用している画像は2019年8月号『夏バテ解消ツボ押しマッサージ』に掲載されているものです。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る