1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生態
  4. 鳴き声
  5. 猫の鳴き声からわかるホンネ 「いつもよりうるさい」ときに考えられる理由は…

猫と暮らす

UP DATE

猫の鳴き声からわかるホンネ 「いつもよりうるさい」ときに考えられる理由は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫がふだんどんな声で鳴いているか、飼い主さんは把握できていますか? 「いつもの鳴き声と違う」と感じる場合、異変のサインの可能性もあるようです。

今回は、猫の鳴き声からわかる気落ちについて、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説。いつもより鳴き声がうるさい場合に考えられる理由や、注意が必要な鳴き声などについても紹介します。

鳴き声からわかる猫の気持ち

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は飼い主さんに自分の気持ちを伝える手段として、「鳴き声」を使います。猫は鳴き声の大きさや長さなどを組み合わせて、自分の気持ちを伝えているのです。例を見てみましょう。

猫の鳴き声が「小さい」「短い」場合

猫の鳴き声が「小さい」「短い」場合は、軽いあいさつやお返事など、ちょっとした気持ちを伝えるコミュニケーションだといわれています。

猫の鳴き声が「大きい」「長い」場合

猫の鳴き声が「大きい」「長い」場合は、飼い主さんに「かまってほしい」などの主張が表れています。そのなかでも、いつもより低く強めの鳴き声や、長く大きな鳴き声を出しているときは、不満を訴えている可能性があるでしょう。

猫によって鳴き方はさまざまですが、ふだんよりも鳴き声がうるさいと感じたら「不満のサインかも」と考えてみることが大切ですね。

猫が不満に感じることは?

見上げる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫はどんなことに不満を感じるかというと、たとえば……


  • 十分に食事ができていない
  • 新鮮な水を好きなときに好きなだけ飲めない
  • 気に入ったトイレで落ち着いて排泄できない
  • 生活環境がうるさくて眠れない
  • 寒すぎる・暑すぎる
  • 体の具合が悪かったり痛い箇所がある
  • 遊びが足りない
  • 飼い主さんに甘えられない、構ってもらえない

など。猫はさまざまな理由で不満を感じているので、飼い主さんは気づいてあげられるといいですね。

猫に話しかけられたときの飼い主さんの対応

見つめるスコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

上記のような鳴き声で愛猫が飼い主さんに話しかけてきたときは、その猫のしてほしい気持ちを叶えてあげながら、人が相手のときと同じように話しかけてあげてみてください。

猫は人の言葉の意味はわからないけれど、同じ状況のときに同じフレーズで返してあげるようにすると、猫も嬉しく感じると思います。

また、猫は人の表情の変化も見ているので、返事をするときは笑顔で答えてあげてみてくださいね。

猫の鳴き声がいつもと違う…注意が必要なものとは?

ケージに入るノルウェージアンフォレストキャット
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

いつもの聞き慣れた愛猫の鳴き声と違い、「なんか変だな」と感じた場合は、異変の可能性も。病気が疑われるのは、下記のようなケースです。

喉に炎症がある

喉に炎症がある場合に、鳴き声に異変が見られます。声が出なかったり、かすれることがあるので、飼い主さんは異変に気づけるでしょう。

炎症の原因としては、下記のようなものが考えられます。

  • 環境の変化や、飼い主さんが長時間にわたっていないなどの状況下で、長時間鳴き続ける
  • 感染症などで喉に炎症が起こっている

尿石症を患っている

猫が尿石症を患っている場合、排尿時の激しい痛みでつらそうに唸るように鳴くことがあります。また、鳴きながら震えたり、うずくまってしまうような猫も。

【豆知識】「発情」のときも鳴き声に変化が!

寝そべる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

とくに注意が必要というわけではないですが、発情している猫も鳴き声がいつもと違います。

性的に成熟した猫は、発情シーズンになると交尾の相手を求めて独特な声で鳴くようになります。オスは太めで低く、メスは高めと、それぞれ声にも違いがあります。独特の声で鳴いて相手を呼んだり、自分の存在をアピールしたりしているのです。

そんな猫の鳴き声を聞いて、ふだんと比べて「うるさい」と感じる飼い主さんもいるかもしれませんね。

くつろぐマンチカン・ロングヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫の鳴き声には、いろんなバリエーションがあります。愛猫の鳴き声がふだんはどのような声で、またどのような状況下で鳴いているのか、飼い主さんは把握するようにしてください。病気などの異変で違う鳴き声をしている場合にも、早く気づくことができるようになるでしょう。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る