1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. コミュニケーション
  5. 猫の性別でこんなに違う? オス猫を満足させるためにできること5つ

猫と暮らす

UP DATE

猫の性別でこんなに違う? オス猫を満足させるためにできること5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなに違う?オス猫とメス猫の行動

撮影/中川文作

オスとメスを比較してみると、見た目はもちろん、行動・性格にも違いがあります。
まずは飼い主さんへのアンケートの結果、とくに顕著に見られたオスの特徴から紹介します。

例えば…
来客があったとき→
 「オスは自ら近付く」がメスは“幻の猫”になってしまう
1匹でいるとき→ 
 「オスはウロウロと落ち着かない」のにメスはじっとしている
おもちゃを出したとき→ 
 「オスはおもちゃを見ただけで遊びたがる」がメスは動きを見てようやく反応する
飼い主さんが出かけようとしたとき→ 
 「オスはかまわれたくて邪魔する」がメスはマイペース
などなど

オスらしい行動から考える、こうすると満足度UP

では、オス猫らしい行動から私たちの接し方を考えてみましょう!
オスとメスの行動の特徴をもとに、オスを満足させるために飼い主さんができることを紹介します。

撮影/中川文作

早食いしがちだからフードを1日3回以上に分けて与える

撮影/中川文作

オスはメスより必要なフード量が多いうえ、早食いなので、一気に食べて吐くケースが多い
もの。
1日の適正量を守りながら、3回以上に分けて与えましょう。食事は大きな喜びなので、その回数は多いほうが満足度がアップします。

新しいもののチェックが好きだから心ゆくまで調べさせる

撮影/中川文作

好奇心が強く、新しいものに興味をもちやすいオス。
ニオイを嗅ぐなどして調べることが、いい刺激にもなります。段ボール箱などはあえて出しっぱなしにしておき、気がすむまでチェックさせて。

留守番時に飼い主さんのニオイで安心できる場所をつくる

過剰に甘えん坊なオスの場合、留守番に不安を感じるケースも。
不安を緩和させるため、飼い主さんのニオイが付いたものを寝床に敷くなどして、安心して過ごせる居場所をつくりましょう。

運動欲求が強いので全身を使った遊びをする

オスは体を動かすことが好きなので、毎日欠かさず、全身を使った運動量の多い遊びをさせましょう。
ボールを遠くまで投げて走らせたり、じゃらしおもちゃで猫タワーを上り下りさせたりすると〇。

オスが喜ぶスキンシップをする

撮影/中川文作

顔から出ているフェロモンを、何かにスリスリとこすり付けるのがオスは好きです。
ここを刺激すると喜ぶので、両手の親指でフェイスラインをやさしくなでてみて。
トロ~ンとした気持ちよさそうな表情になりますよ。

いかがでしたか?
オス猫が喜ぶ5つのこと、どれも簡単にできることばかりです。
たくさん喜ばせて、飼い主さんとのいい関係づくりに役立ててくださいね。

参考/「ねこのきもち」2020年4月号『見た目や病気だけじゃない! アノ行動にもじつは違いがあった! イマドキのオスとメス』(監修:獣医師、「ペット問題行動クリニックBLISS」菊池亜都子先生)
文/Betty
撮影/中川文作
撮影協力/保護猫カフェ「CAT LIVING」
※この記事で使用している画像は「ねこのきもち」2020年4月号『見た目や病気だけじゃない! アノ行動にもじつは違いがあった! イマドキのオスとメス』に掲載されているものです。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る