1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 体内ホルモン
  4. リンパ腫[りんぱしゅ]

体内ホルモン

UP DATE

リンパ腫[りんぱしゅ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リンパ腫の症状と治療、予防方法

解説

リンパ組織に腫瘍ができる病気で、食欲がなくなり体重が減り、活動的でなくなる。首の下や後ろ足のリンパ節にできることが多い。また呼吸器に影響を与え、咳や嘔吐などの症状が現れることも。抗がん剤を用いる化学療法、放射線療法で治療を行うが、完治することはほとんどなく、延命が目標となる。猫白血病ウイルスへの感染で発症する場合もある。

原因

猫白血病ウイルスに感染していると、リンパ腫を発症する確率が高くなる。

症状

食欲不振、急激に痩せたり、よく吐く、下痢をする、貧血を起こす、鼻水がでるなど

診断

腫瘤またはリンパ節の細胞検査。

リンパ腫の治療

抗がん剤を用いる化学療法が基本になります。リンパ腫のできた部位によっては外科的な手術が可能だったり、放射線が効きやすいがんなので、放射線療法が有効な治療になることも。これらの積極的な治療が、何らかの事情でできない場合には、ステロイド剤の投薬によって、ある程度の延命が期待できます。

リンパ腫の予防

飼い主さんの喫煙が発症リスクを高めるというデータがあります。定期的な健診を受けて早期発見、治療を心がけましょう。

CATEGORY   体内ホルモン

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「体内ホルモン」の新着記事