1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 消化器官
  4. 巨大結腸症[きょだいけっちょうしょう]

消化器官

UP DATE

巨大結腸症[きょだいけっちょうしょう]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巨大結腸症の症状と治療、予防方法

解説

結腸に便がたまり、ひどい便秘や嘔吐、食欲不振などの症状が現れる病気。オスがかかることが多い。慢性的に便がたまるようになると、外科手術を行う場合もある。

原因

生まれつき結腸の一部が狭いなどの先天的な原因や、交通事故などの外傷で骨の変形が起きたり、自律神経が傷つけられたりすることによります。

症状

下剤や浣腸などでもなかなか改善しない重症便秘が主な症状です。それに伴い、嘔吐や食欲の低下がみられます。

診断

レントゲンの検査により滞留している便と拡張した結腸を確認することができます。

巨大結腸症の治療

緩下剤を使って便通を促しますが、それでも排便されない場合、摘便(便を肛門から摘出すること)を行います。浣腸をして便を出すこともあります。繰り返していると硬い便がとどまってしまうため結腸が大きくなってしまい、外科的に手術を行うこともあります。

巨大結腸症の予防

便秘がちな猫は飲水量が少ないことが多いのでいつでも水が飲めるように多めに水用食器を用意しましょう。フードは便秘に対応した処方食(繊維質の多いもの)のほうがよいかもしれません。

CATEGORY   消化器官

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「消化器官」の新着記事