1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. 猫の「尿検査」でわかることは? 定期的に検査する重要性を獣医師が解説

猫が好き

UP DATE

猫の「尿検査」でわかることは? 定期的に検査する重要性を獣医師が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の飼い主さんは、愛猫の尿検査を動物病院で受けていますか? 定期的に検査をすることで、病気の早期発見につながることもあるようです。

猫の尿検査ではどのようなことがわかるのか、ねこのきもち獣医師相談室の岡本りさ先生が解説します。

猫の尿検査でわかることは?

トイレをしたあとの猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——猫の尿検査ではどのようなことがわかりますか?

岡本先生:
「尿検査では、細菌・結晶・細胞成分が出ているかどうかや、比重・尿糖・潜血・ビリルビン・ケトン・尿蛋白・尿蛋白クレアチニン比などがわかります。

明らかな症状として現れるよりも先に、尿検査で異常が見つかる場合があります。特に膀胱腫瘍や腎機能低下、結石の早期発見につながるので、定期的に検査を受けることはとても大切です」

猫の尿検査の方法とは?

見つめるベンガル
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——猫の尿検査の方法について、採尿の仕方から検査までの流れを教えてください。

岡本先生:
「自宅で尿を採取する場合、トイレを空っぽにしたり砂の上にラップを敷くと、液体のまま採材できます。より正確に無菌的にとりたい場合は、尿が溜まった状態で動物病院を受診し、カテーテルを使ったり直接膀胱に細い針を刺して採取します。

病院での検査は、まず色や匂いを記録し、尿検査用マルチスティックを用いて化学的性状を確認します。その後、遠心分離をして比重をはかり、沈んだ尿沈渣を顕微鏡で観察します」

猫の尿検査はどれくらいの頻度で行なうのがいい?

休憩中のブリティッシュショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——猫の場合、一般的にどれくらいの頻度で尿検査をしたほうがよいのでしょうか?

岡本先生:
「健康な猫でも、6才までは年に1回は受けたほうがよいでしょう。7才以上の猫では年に2回は検査を受けられるとよいかと思います。かかりつけの動物病院で相談してみてくださいね」    

見つめるバーミーズ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

健康なうちから検査を受けておくと、その後なにか変化が見られた際にも、健康なときのデータと比較することができます。

愛猫の健康を守るためにも、定期的に検査を受けることはとても大切なことです。飼い主さんはぜひ意識してみてくださいね。

(監修:ねこのきもち獣医師相談室 獣医師・岡本りさ先生)
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/柴田おまめ

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る