1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 官邸猫のライバル?!イギリス外務省に勤める猫の「パーマストン」

官邸猫のライバル?!イギリス外務省に勤める猫の「パーマストン」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外の首相官邸には「ファーストドッグ」や「ファーストキャット」と呼ばれるペットがいるものですが、イギリスには首相官邸に勤める猫「ラリー」がいます。

国民のみならず世界からの人気を誇るラリーですが、しかし彼にはライバルがいて……?

外務省にも公務員「猫」が!

ラリー最大のライバルと目されるのが、外務・英連邦省に勤める「パーマストン」。もともとは野良猫で動物保護施設にいたところを、2016年の4月、彼が2歳のときに外務・英連邦省に「雇用」されます。

これは先述のラリーが首相官邸に着任したことに影響を受けて、外務省にもネズミ捕獲長が設置されることになったことに伴う「雇用」でした。



ちなみに、イギリスの大手新聞テレグラフ紙によると、パーマストンは就任して1カ月もしないうちに早速ネズミを捕獲したそうで、就任後1年半で最低でも27匹のネズミを捕獲!

仕事をサボり気味だとして解雇された経験もあるラリーにとっては、大きな脅威なのです。

ラリーとパーマストンの闘い

じつは、2匹は実際に対面でケンカをしたことも!

事件が起きたのは、パーマストンの就任から3カ月ほどたった2016年の夏のこと。はじめはご近所に住むラリーと道端で遭遇して、睨み合う様子を目撃されるに留まっていましたが、8月のある日、ついに「深刻な猫の闘い」がおこなわれているのが発見されます!



こちらがその様子を伝えるテレグラフ紙のツイートです。写真からも「深刻さ」が十分に感じられますね……!

このケンカのせいでパーマストンは耳に怪我をし、ラリーは首輪を失くしてしまったそうです。



しかしこのおよそ2週間後、同じテレグラフ紙により、ラリーが新たな首輪を支給されたことが報じられました。

そしてその首輪には鈴が付いているので、パーマストンはラリーが近づいてきたらすぐ気づくことができるだろう、と記者はつづっています。

パーマストンは日本語でつぶやくことも!



なお、パーマストンもラリーと同じようにツイッターアカウントを持っているだけでなく、このようにときどき日本語でもつぶやくことがあるんだとか……!

靴下を履いたような模様の黒猫パーマストンの、かわいい活躍に今後も期待です。

参照/Twitter(@DiploMog
文/原田真帆

猫が好き

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る