1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 連載
  4. 交通事故にあった猫を拾いました
  5. 交通事故から4年…ハンデがある生活で気づいてしまった不思議なこと【連載】交通事故にあった猫を拾いました#92

猫が好き

UP DATE

交通事故から4年…ハンデがある生活で気づいてしまった不思議なこと【連載】交通事故にあった猫を拾いました#92

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。3匹の猫と1頭の犬と暮らし、二児の母でもあるtamtamです。
ある日、交通事故にあった猫(凶暴)を迎え、一緒に暮らすことになりました。
一時期は安楽死とまで言われた猫様でしたが、気合と根性で見事に復活。
しかし後遺症が残り、野良猫として生きていくことができなくなった、たまちゃん。

そんな猫様をサポートをしていきたい人間と、人の手なんか借りたくない猫様のお話です。

我が家では寒さ対策として猫様用スープを作るのです

猫さんたちは寒くなると、トイレを我慢したり、あまりお水を飲まなくなってしまう生き物。

泌尿器系の病気も多い猫様のために
それに伴い、寒くなるとおかーさんは猫様たちのためにスープを入れます。

スープと言っても、ただのささみの茹で汁だったりします。(おい)
ですが、みんな大好き特製スープ。
事故の後遺症があり自力で飲食できない、たまちゃんにももちろんお裾分け。

自分でご飯が食べられない…だけど旨い!!

スープ単体であげるのは難しいので、
いつもふやかしているドライフードに混ぜ、少し暖かいうちにあげるのです。

自分で食べることのできないたまちゃんですが、味覚はしっかりしているようで…
スープ入りの時は目がキラキラと…いえ、ギラギラと輝きます。

おかーさん、嬉しくなっちゃうのよ。
ハンデはあっても、みんなと同じように喜びがあって、楽しみがあって、満足できることが嬉しい。

浸らんでいいから早くよこせ!!!

と、嬉しさに浸っていたら「ガブリッ」。

余計なお喋りはいいから、早く次をよこせと言わんばかりのたま様。
そう、おかーさん、下僕としての責務を全うしまする。

一緒に過ごして4年。消えない不思議。

事故でアゴを損傷してしまったたまちゃんは、自力でご飯を食べたり、お水を飲むことはできない。

でも、おかーさんに噛み付いたり
下手くそだけども毛繕いだって出来る様になった。
恐ろしいほど食欲も旺盛。

なのに、何故君は自力でご飯を食べないのだ…??

きっと、甘えん坊さんなんだよね!?

お願いだから、そうだと言ってぇぇぇぇ(切実)

登場人物・登場犬猫

ねこのきもちWEB MAGAZINE/連載「交通事故にあった猫を拾いました」

tamtam プロフィール

犬や猫の保護や介護についての楽しさや幸せをインスタグラムで発信し話題に。それぞれのかわいさをほっこり描いたイラストにファンも多い
・instagram:@tamasisters
CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る