1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 新入り・ヨミと、伝説の男・セツ~残念なイケメン猫 揺るぎなきセツSTYLE Vol.78~

新入り・ヨミと、伝説の男・セツ~残念なイケメン猫 揺るぎなきセツSTYLE Vol.78~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新入り・ヨミと、伝説の男・セツ

新入りヨミィの暴虐(ぼうぎゃく)は今日も絶好調です。
ものを壊し、走りまわり、疲れたら近くの猫にパンチ、人間が抱き上げようとすると、積極的によじ登ってきて鼻の頭に噛み付き1発。
すべてゴロゴロいいながら行うのが一層恐ろしい。ご機嫌だよこのコ!

本日は、攻めまくってるフレッシュな新入りの、先住猫との関係性についてお話したいと思います。

我が家に来てはや1カ月。傍若無人(ぼうじゃくぶじん)なヨミィの中に格付けができつつあります。

怒らせるとヤバイ→フク、ラン
まぁ大丈夫だろう→ハレ、アメ
突然キレるやばい奴→セツ
取るに足りない→コウ

例えるならば、ヨミはヤンキーだらけのクラスに転入して来た強い転校生みたいな立ち位置で、
基本的にわがままを通すためには戦いを挑まなければならない、というちょっと理解しがたい戦闘民族脳です。

ねこのきもちweb

他の猫たちを蹴散らせてキャットタワーに居座るヨミィ

転校初日から、体格が何倍も大きなコウに戦いを挑んで、ものの数分で配下にしました。
キャウン…と言いながら2カ月の子猫に平伏(へいふく)する体重5キロのオス猫なんて見たくなかった。

勢いに乗ってセツ氏に戦いを挑むヨミィ。

最初は手加減して相手していましたが、あまりに絡むのでウオオオオと立ち上がり、あっという間に組み伏せたため、ヨミィの中でセツは伝説の男になりました。

ねこのきもちweb

戦闘民族ヨミ、伝説の男と対峙の瞬間

今でも近づく時は若干の敬意を払います。

他の猫にも次々飛びかかりましたが、齢(よわい)2カ月の体格では相手にもされず、それが余程悔しかったのか、毎日飛びかかって構えとばかりに連続パンチを繰り出します。
従者のようにコウが背後に控えているのが笑いを誘う。

こんな感じで、我が家は今、ヤンキー校の破天荒(はてんこう)な転校生が繰り広げるバトルで毎日大忙しです。
皆様のお家に来た新人猫は、先住猫と仲良くやっていますか?

ねこのきもちweb

本当はきっとやさしい先輩

MinoさんのTwitterはこちら

猫が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る