1. トップ
  2. 猫が好き
  3. わかれば思わず「ドヤ顔」で話したくなる!? 「ミケとサビはほぼメス」なワケ

わかれば思わず「ドヤ顔」で話したくなる!? 「ミケとサビはほぼメス」なワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミケとサビってどんな毛柄?

そのほとんどがメス、逆にオスだと超レア! といわれている、ミケとサビ柄。
ミケはオレンジ、黒、白の3色の組合せ、サビはオレンジと黒の組合せです。

ミケ

ミケはオレンジ、黒、白の3色

サビはオレンジと黒の2色

性別を決める性染色体×毛色を決める遺伝子

ミケとサビがほぼメスであることには、性別を決める性染色体と毛色を決める遺伝子の関係が深く影響しています。

【性別を決める性染色体】
XX…メス
XY…オス
猫の性染色体は人と同じ。
オスはXとYがひとつずつ、メスはXが2つです。

【ミケ・サビに必要な毛色を決める遺伝子】
遺伝子「O」…オレンジの毛色をつくる
遺伝子「o」…オレンジ以外の毛色をつくる

【性染色体X/Yと毛色を決める遺伝子「O」「o」の関係】
X…「O」も「o」ももてる
Y…「O」も「o」ももてない

ミケやサビになるためには、「O」と「o」を同時にもたなくてはなりません。

メスは…

メスの性染色体XXは「O」も「o」ももてます。メスにありうる「O」と「o」の組合せはこの4つです。
XX:O×o…オレンジの毛色をもちつつ、オレンジ以外の毛色ももつ→ミケやサビに
XX:o×O…オレンジの毛色をもちつつ、オレンジ以外の毛色ももつ→ミケやサビに
XX:O×O…オレンジの毛色をもつ→茶トラに
XX:o×o…オレンジの毛色以外をもつ→ミケでも茶トラでもサビでもない毛柄に
※ほかの変異遺伝子の影響を考えずに解説。

うーん、やっぱり口で説明するのは難しい!?
ちなみにこれが理解できると超レア(3万匹に1匹程度)なオスのミケ・サビのしくみもわかります。
オスの性染色体はXYですが、ごくまれにXを2つもつXXYの猫がいるので、そうすると……。
ぜひ考えてみてくださいね。

文/マリー=クリスティーヌ=ベロン
参考/毛柄がいっぱい! ねこのきもち
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る