1. トップ
  2. 猫が好き
  3. はじめまして!新連載「リュックと愉快な仲間たち。あ、あと響介」です〜リュックと愉快な仲間たち。あ、あと響介vol.1〜

はじめまして!新連載「リュックと愉快な仲間たち。あ、あと響介」です〜リュックと愉快な仲間たち。あ、あと響介vol.1〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日から新しく連載スタートしたこの「リュックと愉快な仲間たち。あ、あと響介」。「リュック」と「響介」の名前をブログTwitterで目にしたことがあるかもしれませんが、今回ははじめましてのご挨拶と一緒に、登場人物(主に猫)についてどーんとご紹介します!

初めまして、猫ブログ「変顔猫リュックと愉快な仲間たち」の響介です。

本業は作編曲家の27歳独身、将来の夢は無人島に住んで猫と一日中鬼ごっこ日向ぼっこ。日々曲を書き、曲の〆切に追われながら日々猫たちのご飯の〆切にも追われる、そんな〆切地獄の幸せな毎日を送っています。

Twitterは現在響介名義ですが完全に猫たちに乗っ取られ…

いや、乗っ取って頂き…

もしかしたらこちらのツイート等でご存知の方も多いかもしれません。

 ゴキブリ
 バランスボール
 IKEA
 モンスターズインク
等その他…

そんな僕と愉快な猫たちの出会いを、幸せ太りで猫が1匹増えるごとに2キロずつ太っていく僕の体重の変化とともにご紹介します。

まず最初に、23歳で意を決しリュックとソラを迎え入れることに。

まずは猫の生態をしっかり勉強してから飼おう。心に決めました。

このとき僕の身長174センチ。体重54キロ。割と痩せ型でした。

はじめまして!新連載「リュックと愉快な仲間たち。あ、あと響介」です
最初に迎え入れた当初のリュックと…
はじめまして!新連載「リュックと愉快な仲間たち。あ、あと響介」です
同じく、最初に迎え入れた当初のソラ

偶然見つけた飼い主の見つからない猫が6匹…そのうちなぜか2匹だけ引き取り手が見つからなかったのがソラとリュックでした。

いてもたってもいられず気付けば4時間後には家に迎え入れていました。

その4時間の間にトイレ、ご飯、爪とぎ、ゲージ、おもちゃなどなど、一気に猫グッズを揃えました。

そして、つまらない日常から一転、慌ただしくも幸せな毎日が始まりました。

その翌月に体重58キロ。わかりやすく一気に太りました。

2匹とも心配になるくらい運動神経が悪く、猫じゃらしを振ってから1.5秒後くらいに反応するようなおっとりした猫達でしたが、そんな飼い主の心配をよそにズンズンズンズン大きくなっていきました。

はじめまして!新連載「リュックと愉快な仲間たち。あ、あと響介」です
大きくなったソラ(写真左)とリュック(写真右)

その1年ちょっと後に同じ境遇のニックとピーボを迎え入れることになりました。

その翌月に体重が62キロになりました。

はじめまして!新連載「リュックと愉快な仲間たち。あ、あと響介」です
続いて迎え入れたニック、当時の様子
はじめまして!新連載「リュックと愉快な仲間たち。あ、あと響介」です
ニックと一緒に迎え入れたピーボ、当時の様子。

そしてその頃実家にもイケメン猫すんぴを迎え入れました。

僕も順調に体重64キロになりました。

はじめまして!新連載「リュックと愉快な仲間たち。あ、あと響介」です
同じ頃、実家に迎え入れたすんぴ

そのまた1年後のある日、どう見ても捨てられていた小さい小さいポポロンに出会います。なんと、僕がこんなに猫好きになってしまったきっかけを作ってくれた最強の野良猫ちゃんにそっくりでした。

兄弟や家族とも離れてしまいひとりぼっち…

わが家の猫と仲良くできるかな…?そんな心配もありましたが

ポポロンが引くほどの愛情を注いであげよう、絶対幸せにしてあげるんだ。そう思いポポロンを迎え入れた僕の体重は66キロになりました。

はじめまして!新連載「リュックと愉快な仲間たち。あ、あと響介」です
捨てられていた、小さな小さなポポロン

そして去年の夏、新米猫の村松君を実家に迎え入れました。

この頃僕は68キロ。幸せ太りの域を超え無我の境地へ。

そして村松君は7匹の中で一番重い7キロ。一体誰に似たのか。

はじめまして!新連載「リュックと愉快な仲間たち。あ、あと響介」です
実家の新米猫、村松君。今は誰より大きい7キロ猫。

このように、とても運命的な出会いで、素晴らしく強い個性をもった戦隊モノヒーローのような7匹が集まりました。

ところで、ブログやTwitterで「多頭飼いだと猫同士喧嘩しませんか?」と聞かれることがあるのですが、わが家のボス、リュックが信じられないくらい優しく、どんな新米猫が来ても威嚇することなく、初日から震える子猫にくっつき寄り添い寝かしつけ、毛繕いをして、わが家のルールを教えていました。

はじめまして!新連載「リュックと愉快な仲間たち。あ、あと響介」です
心優しいわが家のボス、リュック(左)と新米の頃のニック(右)

翌日には

各おもちゃの遊び方、

キャットタワーの登り方、

爪の研ぎ方、

そしてイタズラの仕方、

最後にご飯が欲しい時の鳴き方と僕への甘え方まできちんと教えます。

警戒心の強いソラは数日警戒していますが、そのリュックの距離の取り方を見て安心し、みんなとすぐに打ち解けます。

そして調子に乗って悪さした時はソラがしっかり怒ります!

(子猫にまじってリュックもしょっちゅう怒られる)

はじめまして!新連載「リュックと愉快な仲間たち。あ、あと響介」です
ソラ(写真右端)に怒られている(?)リュック(右から2番目)とピーボ(右から3番目)とニック(左端)

最初に飼うことになったソラとリュックの二匹が最高に優しく、その後家族になったみんなも協調性があったおかげで、幸せな日々を送れています。

ありがたいことにこの度そんな心優しい我が家の猫たちの「ただの幸せな日常」を連載させて頂くことになりました、

僕の夢でもありました。

こんな僕たちですが暖かい目で見守っていただけたらと思います。

皆様の1日の数分間に我が家の幸せをおすそ分け、というモットーでやっていきたいと思います。この記事を見て幸せな気持ちになれる人がいる事を祈りながら心を込めて書いていきます。おふざけ度MAXのブログやTwitterも日々更新しております。気になった方は是非フォロー、チェックよろしくお願い致します。

次回は話題になった珍事件などを簡単にお伝えできたらなと思っております。

末長く、よろしくお願い致します。

気張る響介と別にまぁいつもと変わらない猫たち

はじめまして!新連載「リュックと愉快な仲間たち。あ、あと響介」です
ねこのきもち

プロフィール
作者:響介
本業は作編曲家/猫マスター/サウンドプロデューサー/ギタリスト
27才独身。将来の夢は無人島に住んで猫と一日中鬼ごっこ日向ぼっこ。
毎日猫と追いかけっこしたいがために突如家を買う。日々曲を書 き、曲の〆切に追われながら日々猫たちのご飯の〆切にも追われる、そんな〆切地 獄の幸せな毎日を送っています。
ブログ: 「変顔猫リュックと愉快な仲間達」 Twitter:@HOMEALONe_ksk


猫が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る