1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 気づいてあげて! 猫の「ゴロゴロ音」に隠されたホントの気持ち

気づいてあげて! 猫の「ゴロゴロ音」に隠されたホントの気持ち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫がふとしたときに、喉を「ゴロゴロ」と鳴らしているのを聞いたことはありませんか? そのゴロゴロ音で、猫の気持ちを知ることができるのです♡

猫のゴロゴロ音に隠された気持ちが……かわいい!

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

子猫は母猫のおっぱいを飲んでいるときに、「満足してるにゃ」と母猫に教えようとして「ゴロゴロ」と喉を鳴らします。その習性が、大人になっても残っているようです。

つまり、母猫のおっぱいを飲んでいるときのような「幸せな気持ち」になると、喉を鳴らして伝えるのです。

飼い主さんは母親代わりの存在

飼い猫にとって、飼い主さんは母親のような存在。飼い主さんがそばにいてなでてくれて、甘えたい気分になったとき、喉をゴロゴロと鳴らしている可能性が高いでしょう。

ゴロゴロ音は気分によって「高さ」が異なる!

あくびする猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

でもゴロゴロ音でわかるのは、甘えたい気持ちだけではありません。じつは猫の機嫌によって、音の高さが異なるのだそう!

高い音でゴロゴロ鳴っていたら機嫌がよくて、いい気分になっている証拠。一方で低い音なら、機嫌が悪いか、体調が悪くて不安になっている可能性があるかもしれません。

上述の「甘えたいとき」には、高い音でゴロゴロしているかも。もしゴロゴロ音がふだんと違って異変を感じたら、獣医師に相談してみてくださいね。

猫はどうやってゴロゴロ音を出してるの?

眠るスコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

さて、このゴロゴロ音はどのように出ているか知っていますか? 

ゴロゴロ音の仕組みは長年各方面で研究されていますが、現在のところ、「周波数が鳴き声と異なること」や「ゴロゴロ音を出しながら鳴けること」、「空気を吸いながら発声すること」などから、鳴き声をつくる声帯とは別の部位を使っているという説が有力なのだそうです。

ゴロゴロ音のおもしろ研究結果も!

また最近の研究では、ほかにもおもしろい研究結果が! なんと、ゴロゴロ音の周波数が骨の密度を上げるとの報告もあるのです。

つまり、猫はゴロゴロと鳴きながら、自然に骨を鍛えているのかもしれないとのこと。猫のゴロゴロ音って、すごい!

鳴くスコティッシュフォールド・ロングヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

甘えているのか、不機嫌なのか、不安なのか、それとも体調が優れないのかーー猫のゴロゴロ音があらわす心理を理解すると、愛猫の気持ちにもっと寄り添うことができそう!

また、さまざまな研究がなされるているように、猫のゴロゴロ音にはまだ私たちの知らない事実があるのかも……今後も注目していきたいですね!

参考/「ねこのきもち」2015年8月特典『猫の気持ちまるわかり本』(監修:動物関係のライター、エッセイスト 加藤 由子さん)
「ねこのきもち」2016年10月号『サウンド オブ MEOWジック』(監修:帝京科学大学教授、動物看護師 小野寺 温先生)
「ねこのきもち」2017年5月号『猫の体を科学する』(監修:日本解剖学会理事 尼崎 肇先生)
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
文/Sorami

猫が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る