1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 猫飼いさんが選ぶ「メス猫の生態あるある」ランキングベスト5

猫飼いさんが選ぶ「メス猫の生態あるある」ランキングベスト5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫飼いさんだけが知っている「メス猫あるある」

ねこのきもち投稿写真ギャラリー

見かけだけでは、オス・メスの区別がつきにくい猫。さらに去勢・避妊手術によって性ホルモンの影響がうすれ、より中性的になるといわれていますが、実際に猫を飼っている人は「オスとメスは、全然違う!」と口をそろえます。

そこで、本誌モニター「ねこのきもち作り隊」の読者117名(複数回答含む)にアンケートを実施。メスの猫飼いさんが感じる「メス猫あるある」をランキング形式でご紹介しましょう。

メス猫あるある第5位:クール

ねこのきもち投稿ギャラリー

メス猫飼いさんの33%が実感している「メスはクール」。オス猫と違って行動範囲が狭く、安心できる場所・お気に入りの場所で大人しくジッとしていることが多いため、メス猫はクールに見えるのかもしれません。

また、飼い主さんにベッタリ甘えるより、“ひとり時間”を楽しむタイプが多いのもメスの特徴。そのため、「もう少し甘えてほしいけど、そんなクールなところもたまらない!」と、そのツンデレ感が好きな猫飼いさんも少なくありません。

メス猫あるある第4位:しぐさが艶っぽい

ねこのきもち投稿ギャラリー

メス猫飼いさんの35%が実感している「しぐさが艶っぽい」。実はこれ、メス猫の動作というより、体形が大きく影響しているようです。

メスはオスよりやや小柄で、皮下脂肪が多いため丸くってむっちり。特におなかのタプタプ感はたまりません。多くの猫飼いさんが「筋肉質なオスより、やわらかいメスのほうが抱き心地がいい」との感想をもっているようです。

その丸くてムチムチとした体形から、メスにはどこか色っぽく艶めいた印象を受けるのかもしれません。

メス猫あるある第3位:キレイ好き

ねこのきもち投稿ギャラリー

メス猫飼いさんの37%が実感している「キレイ好き」。神経質な性格が多いメス猫は、毛づくろいもオスより丁寧です。長い時間かけて手入れするので、キレイ好きな印象です。

実は、毛づくろいには気持ちを落ち着かせる効果があります。猫が興奮した後、あわてたように自分をなめる姿を見たことはありませんか? それは、気持ちを落ち着かせようとしているんですね。

オスに比べて怖がりなメスはドキドキする場面が多く、自然と毛づくろいの頻度が多くなり、キレイ好きと思われるのでしょう。

メス猫あるある第2位:怖がり

ねこのきもち投稿ギャラリー

メス猫飼いさんの44%が実感している「怖がり」。第3位の「キレイ好き」にもつながる、メス猫らしい性格といえるでしょう。

メス猫は子育てという大事な役割を担うため、オス猫より警戒心が強く、危険なコト・モノに対して敏感で怖がり。来客時はすぐ隠れてしまううえ、写真を撮られるのも苦手というメス猫は少なくありません。

そのため、オスに比べてメスは、滅多に会えない“レアキャラ”化してしまうことが多いとか。

メス猫あるある第1位:鳴き声がかわいい

ねこのきもち投稿ギャラリー

堂々の1位に輝いたのは、「鳴き声がかわいい」。メス猫飼いさんの51%が実感しています。これは、オス猫に比べメス猫は声帯が華奢なため。体の構造上、細く高い鳴き声しか出ないのです。

また、感情表現がシンプルかつストレートなオスに対し、感情表現が細やかでコミュニケーション能力の高いメス猫は、鳴き声のバリエーションも豊か。かわいく見せる術を自然と習得しているのかもしれません。

確かに、わが家で飼っていたオス猫は「複式呼吸!?」というぐらいの大声で鳴き方は単調でしたが、メス猫は「ン〜?」「ブルルル〜」と小さくかわいい声で感情を表していました。

メス猫あるあるベスト5、いかがでしたか? メス猫飼いさんは思わず「そうそう!」と相づちをうつランキングだったのではないでしょうか。

参考/「ねこのきもち」2018年7月号『メスの性格・行動ランキング10』
監修/菊池亜都子先生(東京大学附属動物医療センター行動診療科獣医師)
文/ヤマモト トモミ
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。

猫が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る