1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 飼い方
  4. 食事・キャットフード
  5. 猫おやつ、あげるならどんな時?人気のおやつの傾向は安心素材&機能的

猫が好き

UP DATE

猫おやつ、あげるならどんな時?人気のおやつの傾向は安心素材&機能的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男と猫的 猫との暮らし方研究会#3 ~今回のテーマは「おやつ」

「ねこのきもちWEB MAGAZINE」編集室に猫メンズ5人が集結し、「猫との暮らし方研究会」を開催。

今回はねこの「おやつ」に関して和気あいあいと語り合っていただきました。初めから意外な展開を見せます!

↑中川さんの愛猫てんねんちゃん

みんな、意外とおやつを“あげない派”

まずは「おやつをあげる頻度」を尋ねてみたところ、「そもそもほとんどあげることがない」という意見がほとんど!

その理由は、自動給餌器で決まった時間にご飯をあげているため、おやつをあげるとそのペースが乱れてしまうのではないか、好き嫌いができてご飯を食べなくなってしまったらどうしよう…といった不安から。

ある時、おやつをあげてみたら「見たこともない顔をして喜んだ」「食いつきが良すぎてびっくりした」とのことで、ますます定期的にあげるとご飯に支障が出そうだと心配になり、控えめにしているのだとか。

ペットフード協会がねこの飼い主さん1130人におやつの利用についてアンケート*1を取ったところ、34.1%の人が「おやつをあげていない」と回答しています。

読者のみなさんにとって、この数字は多いか少ないか、どちらでしょうか!?

*1)2019年全国犬猫飼育実態調査(ペットフード協会)結果より

どんな時におやつをあげている?

↑笹岡さんの愛猫いなちゃん

とはいえ、まったくおやつをあげないというわけではないようで、「病院に連れて行って帰ってきたとき」「薬を飲ませた直後」「音を立てて掃除をしたとき」など、ちょっとねこが嫌がることをした後の
「ご褒美」
としてあげることはあるようです。

また、お誕生日などのお祝い事や、お客さんが訪ねてきたときに、「ねことのコミュニケーションツール」としてお客さんからあげてもらうということも。

特別なシチュエーションにおいて、おやつを活用していることが明らかになりました。

さらに、間食としてではなく、薬を飲ませるために液状のおやつに混ぜてあげるという活用方法もあります。薬のタイプも粉、錠剤、液状と色々あると思いますが、ねこの口の中に直接入れるのが難しい…とお悩みの飼い主さんも多いことでしょう。その場合、おやつが頼れるアイテムになることもあるんですよね。

猫メンズに人気のおやつはこちら!

愛猫にあげているおやつとして猫メンズから名前が挙がったのは、「CIAOちゅ~る」や「シーバ🄬 とろ~りメルティ」。液状(ペースト)のおやつはやはり大人気!飼い主さんがパウチから直接あげられて手が汚れない、とにかく食いつきがよい、ねこが喜ぶ姿を間近に見られるのが人気の秘訣。

おやつも素材にこだわりたいという猫メンズから挙がったのは、ニュージーランドで平飼いで育てたナチュラルチキンを原料としている「La Chaton NZフリーレンジナチュラルペースト」や、無着色、無香料、合成調味料&合成増粘剤不使用、グレインフリーの「モンプチ ナチュラルキッス」。ご飯もおやつも直接身体の中に入り、身体を作るものですから、安心素材を選びたいのも納得ですよね。

8袋に小分けになっていて、1回のおやつにちょうどいい量のねこ用スナック「モンプチ クリスピーキッス」も人気。こちらもグレインフリーです。手のひらから愛猫がカリカリッと食べてくれるのを見ると、飼い主さんも和んじゃうんですよ♪

こんな機能的なおやつがあったらうれしい!

↑笹岡さんの愛猫ミロちゃん

猫メンズが「ほしい」おやつについて語り合いました。まずは、薬をスムーズにあげられるおやつ。薬によっては、ペースト状のおやつに混ぜると苦みが出てしまうものもあるため、苦みを消す威力のあるものか、薬を包み込むようなおやつがあるといいな~という意見が出ました。

中川さんが昔、「食べられる歯みがきロープ 愛猫用」というおやつをあげていたことがあると話すと、「うちの子は歯みがきをさせてくれないから、それはいいですね!」という声が。そこから、おやつに健康面でプラスアルファになる機能がついているとうれしいという要望も出ました。

お話を総合すると、猫メンズはご飯に支障がなく、安心素材でできていて、何かプラスアルファの機能があるおやつ!を求めているということのようです。

みなさんは、どんな猫おやつがあるといいなと思いますか?

猫飼い研究会メンバー



笹岡倫哉

イブニング編集部(講談社) 編集者
ご担当に片倉真二氏著「ペン太のこと」「ムギのころ」など猫漫画の編集も手掛ける
現在イブニングで連載中の猫(星人)漫画『侵略ニャッ!』を担当
・『侵略ニャッ!」1話目
https://comic-days.com/episode/10834108156691631818
  



Taco

漫画家・イラストレーター・キャラクタデザイナー。
著書に「ちいさな猫を召喚できたなら」「3匹のちいさな猫を召喚できたなら」「ぷっちねこ。」(徳間書店)など
ねこのきもちWEBにて、「渋ネコししまるさん」を連載中
Twitter:@taco_emonemon
Instagram:@tacos_cat
ししまるのInstagram:@emonemon

「ねこさま名鑑100」(パイ インターナショナル)にししまるが掲載されています。(2020年2月12日発売予定)
 



徳島久輝

大手総合情報サイトでの編集統括やインテリア関連メディアの編集長を経て、現在オンラインセレクトショップの責任者。7年前には中古マンションを購入しリノベーションし、マンチカンのオス4才を溺愛する日々。
Instagram:@manchimaru2019
 
 


中川文作

フォトグラファー
スタジオスタッフを経て、中島繁樹氏に師事。
独立後、雑誌、広告、webメディアにて
人物、動物、様々なジャンルを撮影
雑誌「ねこのきもち」の表紙、誌面の撮影も手掛ける
HP:https://www.bunsakunakagawa.com/




松井

株式会社ベネッセコーポレーション
いぬ・ねこのきもちWEB責任者



文/賀来 比呂美

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る