1. トップ
  2. 猫が好き
  3. エンタメ
  4. あるある
  5. 思わず冷や汗! 猫が家の中でケガや事故を起こしそうになった実体験

猫が好き

UP DATE

思わず冷や汗! 猫が家の中でケガや事故を起こしそうになった実体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫は好奇心旺盛で、運動能力も優れていますよね。飼い主さんの手の届かない場所に登ってしまったり、狭い隙間に入ってしまったり…なんてこともよくあるでしょう。でも、そのせいで思わずヒヤリとしてしまったことはありませんか?

「愛猫が家の中でケガや事故を起こしそうになった」と答えた飼い主さんは約4割!

ねこのきもちWEB MAGAZINE 猫のハプニングに関するアンケート
ねこのきもちWEB MAGAZINE 猫のハプニングに関するアンケート 400件の回答

今回ねこのきもちWEB MAGAZINEでは、飼い主さん400名に「愛猫が家の中でケガや事故を起こしそうになったことがあるか」どうか、アンケート調査を実施してみました。その結果、飼い主さんの約4割が「愛猫が家の中でケガや事故を起こしそうになったことがある」と回答!

そこで飼い主さんたちには、そのときの冷や汗エピソードと、それ以後どんな対策や工夫をしているかについてお話を聞いてみることに。この記事では、飼い主さんたちが答えてくれた回答の一部を紹介します。

思わず冷や汗が…

歩く猫
getty

  • 「お風呂の蓋の上を歩いていると蓋が落ちてはまりかけたので、ひとりでは入れないようにしています」

  • 「トイレに落ちそうになっていた。トイレの蓋を絶対に閉める。何回も確認する」

  • 「上から押すタイプのゴミ箱の上に飛び乗って、ゴミ箱の中に落ちて焦りました。乗れないように物を置いてます」

  • 「2階の吹き抜けから落ちて怪我はなかったのですが、その後網をつけて落ちない細工をした」

  • 「2階から1階に降りる階段で、ラスト1段あたりで滑って落ちた。対策は肉球のあいだの毛を定期的に切ってあげる」

  • 「ベランダに出て外を見るのが大好きなお婆ちゃん猫なんですが、ベランダから下へ落下したことがあります。幸い顎にすり傷を負っただけですみましたが。それ以降はベランダにスダレを巻いてすり抜けられないようにしました」

  • 「キャットウォークから足を滑らせ落ちそうになった。キャットウォークの幅を広くしました」

寝転がる猫
getty

  • 「子猫のときにガスレンジに飛びついて火傷しそうになったこと。基本火を扱ってるときは近づかせない」

  • 「ガスコンロに乗って、点火してしまいました。今は、とりあえずロック機能を利用してますが、うっかりロックを忘れてしまうこともあるので、コンロカバーを購入予定です」

  • 「IHで調理後の熱いパネルの上に猫が乗ってしまったので、火傷をしなかったかと冷や冷やした。その後は猫が警戒して、自らIHには乗らなくなりました」

  • 「ねこじゃらしのヒモを飲み込んでしまったこと。すぐに気づいて病院に行って事なきを得ました。ヒモなどは必ずしまう」

  • 「お風呂用の洗剤(詰替え用)を噛んでしまい誤飲のような形になってしまった。子猫のときだったので冷や汗じゃ済まないほど焦りました。それ以来、危険だと感じるものはすぐに片付ける、猫が入らない部屋に移動させるなど対策をしています」

  • 「2匹で追いかけっこしている勢いでキャットタワーに登り、大きく傾いたこと。土台部分に重りを置きました」

  • 「首輪がゆるんで口のほうにいってしまい、口から少し血が出た。首輪が緩んでいないかチェックしてます」

聞いているだけでも思わずヒヤリとしてしまいましたが…その後、愛猫が安全に過ごせるようにいろんな対策を考えている方がいるようでした。

猫のケガ・事故の防止対策

くつろぐ猫
getty

ここからは、飼い主さんたちの声で多かった「誤食」「やけど」「落下」に関するケガや事故の防止対策を紹介します。

①誤食

家の中の事故で最も多いのが、誤食。流しの三角コーナーに捨ててあったものを誤食する事故は、食欲旺盛な若い猫にとくに起こりがちです。金具が付いたソーセージのフィルム、刺身のトレー、食品用ラップ、アルミホイル、ポリ袋などはすぐに片付けましょう!

また、糸や毛糸など猫がおもちゃにすると危険なものや、猫が食べると危険な観葉植物も置かないほうが安全です。舐めると有害な物はフタ付きの容器に入れて、猫の届かないところに置いておきましょう。

②やけど

猫が興奮して走り回っているときに、キッチンで火にかけたやかんに突進して、やかんをひっくり返したり、煮立った鍋に飛び込んだりすることがあります。遊び好きでやんちゃな子猫はとくに注意しましょう。

また、猫が原因の火災にも注意が必要に。猫がガスコンロやIH調理器のスイッチを入れてしまい、周辺が焼けるなどして火災になるケースが増えているのだとか! とくにスイッチを押すだけで点火できるタイプの製品で起こりやすい事故です。

飼い主さんは、猫が押してもスイッチが入らないようにロックをかける、外出時にはガスの元栓を閉める、製品のプラグを抜く、などの注意をしましょう。

ほかにも、電気アンカやヒートマットなどを使用する際は、低温やけどにも注意してくださいね。

③落下

外に出る猫
getty

元気で体重が増え出す1才前後の猫に多いのが、興奮して走り回り、開いた窓から落下する事故。猫は平衡感覚に優れているので、2〜3階の高さから落下しても無傷なこともあります。しかし、それは着地面が平らでなめらかな土や草の場合です。

たとえば、自転車置き場や植え込み、溝、柵などがある場所では、あごや胸をぶつけて骨折するなどの大ケガをしたり、内臓がダメージを受けて命に危険が及ぶことも。

こうした事故を防ぐために、猫をベランダには出さない、窓を閉め忘れない、網戸が劣化したり破れたり、はずれやすくなったりしていないか、日頃から気を配りましょう。

浴槽に落ちて溺れてしまうこともあるので注意!

お風呂が好きな猫で、浴室に出入りするコもいると思いますが、誤って浴槽に落ちてしまわないか注意が必要です。浴槽にお湯を張っているときはお風呂のドアとフタをきちんと閉める、フタは頑丈なものを使用するなど、浴槽の中に落下しないような対策もしてくださいね!

くつろぐ猫
getty

家の中でも愛猫が安心・安全に過ごせるように、飼い主さんはしっかりとケガや事故の防止対策を行いましょうね。下記の記事では、ほかにもいろんな対策をご紹介しているので、こちらもぜひチェックしてみてください!

▼猫のケガ・事故の防止対策のくわしい解説は下記をチェック!

猫のケガ・事故の防止法

『ねこのきもちWEB MAGAZINEアンケート 猫のハプニングに関するアンケート』
参考/ねこのきもちWEB MAGAZINE『猫のケガ・事故の防止法
文/雨宮カイ

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る