1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 「猫と人間は相思相愛になれる」飼い主が語る、今は亡き愛猫から教わったこと

猫が好き

UP DATE

「猫と人間は相思相愛になれる」飼い主が語る、今は亡き愛猫から教わったこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男と猫のちょっとイイ関係♪「彫刻家である飼い主さんの”世界”を広げてくれた猫」

ねこのきもちWEB MAGAZINE ねこの日企画「MEN'S CAT」
呼ぶと飛びついてきてくれた、たゆちゃん♡

「男と猫のちょっとイイ関係 男と猫EPISODE」にたくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。

今回は、「ねこのきもちWEB MAGAZINE」編集室が選んだ神奈川県のコットンさん&愛猫・たゆちゃん(♀)のエピソードをご紹介♪

一瞬でハートを鷲づかみ♡初対面でもフレンドリーなたゆちゃん

ねこのきもちWEB MAGAZINE ねこの日企画「MEN'S CAT」
天使の寝顔♪気持ちよさそう

これまでにねこを飼ったことがなく、強く意識をしたこともなかったというコットンさん。後に奥様となる彼女さんが、ご実家でねこを飼っていたことから、初めて対面することに。

彼女さんのおうちには、最年長の「猫丸」、きょうだいの「猫助」と「猫太夫」(通称:たゆちゃん)の3匹がいました。コットンさんが初めてたゆちゃんに会ったとき、たゆちゃんは飛びついて歓迎してくれ、一瞬でハートを鷲づかみにされたといいます。

たゆちゃんと猫助くんは、彼女さんが通勤途中に道端で遭遇し、保護したねこです。
共に猫風邪を患ってボロボロの状態で、一命はとりとめたものの、たゆちゃんは片目の視力を失い、猫助くんは両目を失明してしまいました。

2匹は目にハンディを抱えながらも全くそれ感じさせず、コットンさんは「かわいい」だけでなく、生命力の力強さも感じたそうです。

そしてコットンさんと彼女さんは結婚し、3匹そろって家族になりました。

たゆちゃんは、コットンさんが手を広げて声をかけると飛びついてくるし、病院に行っても先生に飛びつくという「愛嬌があり、天使のような子」だったといいます。ボールを転がすと返してくれたりもする賢い子でもあり、コットンさんはこうしたコミュニケーションを喜び、楽しんでいました。

過去形なのは、たゆちゃんはコットンさんと家族になってからわずか1年で急に体調が悪化し、この世を去ってしまったからなのです。

たゆちゃんが教えてくれたこと…「ねこと人間は相思相愛になれる」

ねこのきもちWEB MAGAZINE ねこの日企画「MEN'S CAT」
あったかそうだね!

コットンさんは、もともと動物が好きで、外でねこを見かけた時は「触れてみたいな」「仲良くなりたいな」と思っていましたが、野良猫の多くは警戒心が強く、触れる機会はありませんでした。なので、「人間がねこに興味があっても、ねこは人間にあまり興味がない動物なのだろう」と思っていたそうです。

しかし、たゆちゃんたち3匹のねこと暮らしたことで、「ねこによっては、人間と触れたいという気持ちがあることを知り、人間の片思いではなく、相思相愛になれる」ことを実感したといいます。

たゆちゃんとは短い期間しか一緒に過ごせませんでしたが、コットンさんが「妻とたゆちゃんに会っていなかったら、こんな幸せな人生は絶対なかった」と言うほど、大きな存在でした。それに、亡くなった後にもコットンさんの人生に大きな影響を及ぼすことになるのです。

「ねこと人に接点のある作品」を考案!新たな世界が広がり、2匹のねこも仲間入り

ねこのきもちWEB MAGAZINE ねこの日企画「MEN'S CAT」
おすまし顔の猫助くん

実は、コットンさんは美術大学を卒業された彫刻家です。ある日、買った猫砂が入っていたダンボールが“おうち柄”だったため、これを使って猫マンションを作ろうと思いつきました。

3つのダンボールを重ねて作った猫マンションは、全盲の猫助くんが上の階に登りにくいという欠点がありました。そこで、ねこの爪とぎと竹串を使い、階段を作ることに。
なんてゴージャスな3階建ての猫マンションなのでしょう!

ねこのきもちWEB MAGAZINE ねこの日企画「MEN'S CAT」
たゆちゃんにそっくりな綿棒アート

この経験から、コットンさんは「爪とぎは工作の素材としてとても便利だ」と気付き、他にも何か作れないかと考えました。綿棒の軸が爪とぎの穴にうまく合いそうだったので、半分に切って差し込んでみると……ジャストフィット!
白い綿棒と黒い綿棒を組み合わせて、たゆちゃん、猫助くん、猫丸くんをモチーフとした作品を作り始めたのです。
爪とぎと綿棒の組み合わせ、もうその発想が芸術家ですよね。

爪とぎを使うのは、「ねこのための物を人間も使うことで、ねこと人間の接点を増やしたい」というコットンさんの想いも込められています。それに、「半立体の存在感、爪とぎというねことのつながりのある素材が、ねことの思い出を呼び起こしてくれる」とコットンさん。たゆちゃんとの思い出が、綿棒アートの原動力の一つになったんですね。
筆者は作品を拝見した瞬間に、心がじんわり温かくなるのを感じました。と同時に「たゆちゃんと猫助くんにそっくり!」とびっくりしました。

ねこのきもちWEB MAGAZINE ねこの日企画「MEN'S CAT」
たゆちゃん(左)&猫助くん(右)写真でも立体感が伝わります!

綿棒アートは口コミで広がっていき、今まで付き合いのなかった人たちや、いろいろな猫たちと出会うことができて、コットンさんは「世界が広がった気がしている」とのこと。お客さんたちも、自分の愛猫がアートになることにきっと喜んでいることでしょう!
たゆちゃんは、コットンさんと奥様だけでなく、作品を手にしたお客さんたちにも幸せを届けるきっかけを作ってくれたのですね。

現在、コットンさんは新たに2匹のねこを迎え、奥様と一緒に4匹と幸せに暮らしているそうです。「ねこと一緒に生活していると、おもちゃも作りたくなる」とおっしゃっているので、コットンさんの素敵なセンスを活かしたねこのおもちゃも見てみたいですね!!

ご投稿ありがとうございました!

ねこのきもちWEB MAGAZINE「Joy full. Cat Life!MEN’S CAT」では、その他にもたくさんの男と猫エピソードをご紹介しています。

特設ページはこちら

文/賀来 比呂美

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る