1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 連載
  4. 人はニコニコ、猫はイライラ? 猫キックに夢中になったお話【連載】渋ネコししまるさん #92

猫が好き

UP DATE

人はニコニコ、猫はイライラ? 猫キックに夢中になったお話【連載】渋ネコししまるさん #92

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

編集部のYさんから、お便りが届いた。
Yさんの愛猫は『若いときはイライラしたときにキャットタワーをかけのぼり、歳を重ねた今は背中にぶら下がる様になった』のだという。

そんなわけで、今回はししまるのイライラのお話です。

むずむず…

『アイツの背中を引っかき回したい』

などとししまるが思っているかどうかはわかりませんが、イライラしても背中に飛びつかれることはありません。
さらに言うと、ししまるはあまりイライラしないのです。

「菜の花や 月は東に しし下に」与謝猫村

ですので、ししまるがイライラして、私の足にしがみついてきたときはちょっとワクワクします。
頼られている気がして、それが可愛いらしく思えるのです。
私は、ししまるのイライラで承認要求を満たしながら、慈愛に満ちた表情で爪と牙を受け止めます。

「よしよし、ししまる。ど~んどイライラをぶつけなさい」

ガシガシ…ガシ…ガシ…

イライラッ

ししまるは夢中で猫キック…と思いきや、途中で何かを思い出したかのように動かなくなると、また蹴り始めるの繰り返し。
『何かを訴えているのか?』
そう思うと、頭の中ではモールス信号に変換されます。

ニャートンニャートン……ニャートントン…

私がそんな妄想を楽しんでいると、ししまるは突然馬車馬のように無限猫キックを始めました。
「イデデデ、ストップししまる!!!!」
私の心は『トントントン ツーツーツー トントントン』のSOS。
・・・― ― ― ・・・

そんな気持ちを悟ってか、ししまるは私から離れて物を軽くガシガシ。
最後は部屋をぐるりとなめ回すように歩き…『ふぅっ』…と溜息をつくのでした。

もうこの頃になると、ししまるのイライラにワクワクした事は忘れていますが、忘れっぽい私は、またイライラに遭遇すると同じような高揚感を抱くのでありました。

まだ遊び足りない?

余談ですが、「ししまる」をモールス信号で書くとこんな感じだそうです。
「ツーツートンツートン ツーツートンツートン ツートントンツー ツートンツーツートン」
--・-・ --・-・ -・・- -・--・ 

「渋ネコししまるさん」では、皆さんからの疑問質問いつでも受け付けております。
ではまた来週お会いしましょう。
さよにゃら、さよにゃら、、、さよにゃら。

Taco(たこ)プロフィール

東京在住の漫画家・イラストレーター・キャラクタデザイナー。
「ちいさな猫を召喚できたなら」「3匹のちいさな猫を召喚できたなら」「ぷっちねこ。」(徳間書店)など、好評発売中。「ちいさな猫を召喚できたなら」は重版後、中国版・韓国版・インドネシア版も発売。
現在、Web上では不定期に新作漫画を更新中。詳しくは以下のSNSへ。
・Instagram
 Tacoのインスタ: @tacos_cat
 ししまるのインスタ: @emonemon
・Twitter@taco_emonemon

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る