1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. 別名「スイミング・キャット」!ターキッシュ・バンってどんな猫?

猫が好き

UP DATE

別名「スイミング・キャット」!ターキッシュ・バンってどんな猫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特徴的なバイカラーの毛柄と、大きな体に丸い瞳が愛らしい猫種「ターキッシュ・バン」をご存知ですか?別名スイミング・キャットとも呼ばれる、日本ではまだ珍しい猫種です。今回はターキッシュ・バンについて、その魅力を解説します。

ターキッシュ・バンってどんな猫?

階段にハマっているレオちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ターキッシュ・バンは、その名の由来ともなったトルコ東部のバン湖周辺にいた、土着の猫が祖先と考えられています。
湖の近くで生まれたためか、猫にしては珍しく水に苦手意識がないのも特徴的。このことから、別名「スイミング・キャット」とも呼ばれています。
1950年代に英国人のブリーダーが自国に持ち帰ったことで、広く認知されるようになりました。1969年に英国で公認の猫種となり、1982年に米国への輸出が開始されています。

ターキッシュ・バンの特徴は?

ターキッシュ・バンのぽん太ちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ターキッシュ・バンは体が真っ白で、頭としっぽだけに色がつく「バン・パターン」と呼ばれるバイカラーが特徴的な猫種です。わずかな色であれば、白いボディに入っていてもよいとされています。
レッド・クリーム・ブラック・ブルーのソリッドカラーとホワイトの組み合わせのほか、タビーやパーティカラーとの組み合わせも存在します。

被毛はセミロングで、アンダーコートはありません。しかし被毛の密度があるため、夏場は毛量が減り、全体的に短い被毛になります。手触りはまるでカシミヤのようになめらかです。
美しさと気品を兼ね備えた猫種で、体格は大柄。力強く長い頑丈な四肢とたくましい筋肉、頭部は幅広のクサビ形をしています。

ターキッシュ・バンはどんな性格なの?

ターキッシュ・バンの令王ちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ターキッシュ・バンは、元来、自由奔放な気質が強かったため、狭いケージに入れられることを嫌う場合が多く、キャットショーに不向きな猫種とされていました。その後、性格の改良が進められ、1995年にCFA公認となります。
この性質は今でも残っているため、独立心が強く、束縛を嫌う傾向が。
しかし、基本的には活発で飼い主さんに従順な性格をしており、大柄な猫によく見られる大らかさも併せ持っています。

猫なのに水が苦手じゃない、とちょっと不思議な特徴をもつターキッシュ・バン。猫には個体差があるため、猫種の特徴がすべてあてはまるわけではありませんが、迎え入れる際に猫の負担を少しでも減らすためにも、参考にしてみてくださいね。

参考/ねこのきもちWEB MAGAZINE『ターキッシュ・バンの特徴と性格・飼い方・価格相場など|猫図鑑』(監修:CFAオールブリード国際審査員 サンフラワーキャットクラブセクレタリー ヤマザキ動物専門学校講師 ヤマザキ動物看護専門職短期大学講師 高野八重子先生)
文/kagio
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る