1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. しぐさ
  4. 愛猫を「なでたとき」のしぐさでわかる猫の本音

猫と暮らす

UP DATE

愛猫を「なでたとき」のしぐさでわかる猫の本音

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫への愛情表現に欠かせない「スキンシップ」。喜んでもらえるならたくさんなでて愛情を伝えたいですよね。でも、飼い主さんとのスキンシップがいくら好きな猫でも、むやみやたらに触られるのはイヤなはず。苦手な猫ならなおさらです。そこで、猫がなでられたとき「喜んでいるか」「嫌がっているか」がわかるポイントを、帝京科学大学で人と動物の関係などを研究している小野寺温(のどか)先生に教えてもらいました。

こんなときは「きもちいい~、もっとして~♡」

撮影/Akimasa Harada

  • 目を閉じる、細める

  • のどを鳴らす

  • 首を伸ばす、顔を押し付ける

猫の顔周りをなでたときに、目を閉じる、細める、のどを鳴らす、首を伸ばす、顔をグイグイ押し付けるなどの様子が見られたら、"GOOD(気持ちいい、もっとして〜)"のサイン。そのまま、優しくなで続けましょう。
長いストロークで大きくなでたりワシャワシャと強くなでるのではなく、猫同士がお互いに毛づくろいをし合う様子をイメージして、チョコチョコと優しくなでるといいでしょう。

撮影/Akimasa Harada

  • しっぽを上に伸ばす

  • 腰を高く上げる

  • 足踏みをすることも

猫が飼い主さんにお尻を向けてきたときに、腰(しっぽの付け根)をなでたり、軽くトントンしてあげると喜ぶ猫も。腰を高く上げる、しっぽを上に伸ばすなどの様子が見られたら、"GOOD(気持ちいい、もっとして〜)"のサインなので、そのまま続けましょう。猫によっては、後ろ足で足踏みをすることも。
猫が腰を触られたくないときは、腰を低くして、逃げるようにスルッとかわすはず。こんなときは追いかけないでそっとしておいて。

こんなときは「もういいよ(やめて)」

目を開ける

撮影/Akimasa Harada
ウットリ状態から抜け出し、"もういいかな"と我に返ったサイン。顔周りをなでていれ ば気付きやすいので、よく見て

耳を反らす

撮影/Akimasa Harada
耳を反らせて裏側を見せるのは、イライラし始めたサイン。"そろそろやめてほしい"という気持ちが高まっています

しっぽの先を振る

撮影/栗林 愛
目や耳のサインと同時に、しっぽの先をパタパタ、ブンブンと神経質に振ることも。これも、イライラし始めた気持ちの表れです

猫の気分はコロコロ変わるもの。ついさっきまで気持ちよさそうにしていた愛猫が、急に怒ったように去っていき、不思議に思ったことがある飼い主さんは少なくないでしょう。
しかしよく見ると、猫は怒って去っていく前に、"NOT(もういいよ)"のサインを出しているはず。これに気付かずなで続けると、"やめて!"と怒るのです。上記した3つのサインを見逃さないようにしましょう。

小野寺先生によると、「猫とよりよい関係を築くためには、『猫が喜ぶことをたくさんする』『猫が嫌がることをなるべくしない』が基本」とのこと。愛情を伝えたくてなでているのに、愛猫にとっては不快でしかなかった、なんてショック! そうならないためにも、ご紹介した見極めポイントを覚えて、スキンシップのたびにチェックしてみてくださいね。

参考/「ねこのきもち」2021年8月号『しぐさでわかる! 猫のGOOD or NOT』(監修:
帝京科学大学 小野寺 温先生)
文/ハナマサ
※この記事で使用している画像は2021年8月号『しぐさでわかる! 猫のGOOD or NOT』に掲載しているものです。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る