1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生態
  4. 生態・行動
  5. 見逃せない! 猫が精神的に不安定になってしまう原因

猫と暮らす

UP DATE

見逃せない! 猫が精神的に不安定になってしまう原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫にはさまざまなタイプのコがいますが、なかには精神的に不安になりやすいコもいるようです。

どのような猫が精神的に不安定になりやすいのか、不安を感じたときにはどのような症状が見られるのか、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

猫が精神的に不安定になってしまう原因

見つめる猫
getty

——猫が精神的に不安定になってしまう原因はなんでしょうか?

ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「過去に嫌な思いや怖い思いをしたことにより、精神的に不安定になってしまう可能性があります。たとえば…

  • 地震
  • ペットホテル
  • 知らない人との生活
  • 知らない動物との生活
  • 飼い主さんの過干渉

などです」

——さまざまな原因があるのですね。

獣医師:
「知らないものや初めてのものは、猫にとってとても怖いものです。猫は人間よりも野性的で、怖いものや初めてのものにかなり敏感です。私たちが想像するよりもはるかに恐怖を感じていると思います。

近くにそういったものが常にある生活は、自分の安全や安心を害する存在なので、常に気を張らなければならなくなります。ストレス過多で、気持ちが不安定になります。

怖くて逃げ出したくても逃げられない、精神的に逃げ場のない室内環境になっていないか、注意してあげたいです」

撫でてもらう猫
getty

——過干渉になってしまうことも、猫にとっては悪影響なのですね。

獣医師:
「そうですね。常に見張られているような状態である過干渉も、猫が安心できる時間が減ってしまいます」

精神的に不安定になりやすい猫の傾向と症状

おすわりする猫
getty

——精神的に不安定になりやすい猫には、どのような傾向が見られますか?

獣医師:
「猫の性質的に…

  • 怖がり
  • 驚きやすい
  • 人見知り
  • 神経質
  • 慎重
  • ひとりが好き
  • 人工哺乳で育てられた
  • 社会経験が少ない

といった傾向が見られるでしょう。こうした性質を持った猫が不安定になると…

  • 落ち着かない
  • 寝ない
  • イライラしている
  • 毛をむしる
  • 飼い主さんにずっとついてまわる
  • 粗相をする
  • 膀胱炎になる
  • 下痢や嘔吐をする
  • 食欲不振になる

といった症状が見られるでしょう」

精神的に不安定になりやすい猫への対処法

くつろぐ猫
getty

——精神的に不安定になりやすい猫への対処法を教えてください。

獣医師:
「猫に精神的に負荷をかけすぎないことが大切です。飼い主さんの過干渉でいうと、お世話やしつけと考え頑張りすぎると、猫は嫌だと感じてしまうかもしれません。かといって、何にも慣れないことは、何にも耐えられないことになってしまいます。

まずは怖いものや苦手なものは避け、安心できる環境をつくりましょう。気持ちが落ち着くようになったら、気長に新しいことに慣れさせて、大丈夫なものを増やしていくとよいと思います」

——愛猫が精神的に不安定になっていないか、飼い主さんはよく見てあげるようにしたいですね。

獣医師:
「人間の目から見て愛猫が不安定に見えている場合、こちらが思っているよりも状況は進行し、まいってしまっている可能性が高いです。環境の改善とあわせて、動物病院を受診し治療が必要かもしれません。

最近では季節の変わり目に不安定さが出やすいコが増えています。十分に遊んで発散して楽しむ、ゆっくり休んでリラックスするなど、メリハリのある生活が必要かと思います」

見上げる猫
getty

猫が何かに不安を感じていないか、怖いと思っていないか——飼い主さんは日頃からよく観察し、対処してあげるようにしましょう。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る