1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 猫を怖がらせてしまう可能性も…飼い主がやってはいけない「愛情表現」

猫と暮らす

UP DATE

猫を怖がらせてしまう可能性も…飼い主がやってはいけない「愛情表現」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飼い主さんが愛猫に愛情を伝えるとき、気をつけたほうがよいことがあるそうです。対応の仕方によっては、猫を怖がらせてしまうこともあるのだとか。

この記事では、「飼い主さんの愛猫への愛情表現」について、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

飼い主さんの愛猫へのNG愛情表現は?

くつろぐ猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——愛猫への愛情表現として、飼い主さんがするとよくない対応はありますか?

ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「たとえば、愛猫のことをしつこく触ったり、手先足先や尻尾などの触ってほしくない場所を触るのはやめましょう。愛猫の警戒心を高めたり、飼い主さんとの信頼関係を損ないます。

また、大きな声で声かけをしたり、大げさなリアクションを取ることもNG対応です。猫は大声や大げさなリアクションが苦手で、興奮したり警戒心を高めてしまうことになります」

——スキンシップをとりたくてついしつこくかまいすぎてしまったり、大きなリアクションで喜ばせようと考える人もいるかもしれませんが、注意したいですね。

愛猫への愛情表現で意識したいことは?

くつろぐロシアンブルー
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——愛猫への飼い主さんの愛情表現として、好ましいのはどのような対応でしょうか?

獣医師:
「大声や大きなリアクションは、猫が恐怖心を抱いてしまったり、過剰な興奮を起こすことがあります。落ち着いて対応してあげましょう。

猫の性格によっても心地よいと思う対応は異なるので、愛猫の反応をよく観察すると、そのコにとってよりよい対応が見つかると思います」

くつろぐ猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

愛猫はどんな愛情表現を好む傾向にあるのか、日々のスキンシップのなかで見つけてあげましょう!

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る