1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 病気の予防
  5. 人の場合とは違う⁉ 猫の「口内炎」が要注意な理由|獣医師解説

猫と暮らす

UP DATE

人の場合とは違う⁉ 猫の「口内炎」が要注意な理由|獣医師解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫も口内炎になってしまうことがあるようですが、具体的にどのような症状が見られ、どのような治療が必要となるのでしょうか? 

この記事では、猫の口内炎について、ねこのきもち獣医師相談室の白山さとこ先生が解説します。

猫の口内炎とは?

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——猫の口内炎とは、どのようなものでしょうか?

白山先生:
「猫の口内炎はいわゆる人の口内炎とは異なり、治りにくく激しい症状や痛みが引き起こされます。食事が困難になったり、全身状態の悪化につながることもあるため、注意が必要です。場合によっては、生涯にわたって付き合っていかなくてはならないこともあります」

——猫の口内炎の原因はなんでしょうか?

白山先生:
「はっきりとした原因がわからないことも多いのですが、具体的には…

  • ウイルス感染や歯周病から波及
  • 猫自身の免疫や体力の低下
  • 免疫異常

などが原因となっていることが多いとされています」

——口内炎になりやすい猫には特徴が見られますか?

白山先生:
「たとえば…

  • もともと外に出ていた猫
  • 猫風邪にかかったことのある猫
  • 歯周病になっている猫
  • 腎不全などで体力や免疫力が低下している猫

などは、口内炎になりやすい傾向があるので、注意が必要でしょう」

猫の口内炎の症状とは?

くつろぐ猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——猫の口内炎の具体的な症状について教えてください。

白山先生:
「はじめは、『口を気にする様子が見られる』『口周りが汚れる』『口臭がきつくなる』『ドライフードを食べたがらない』などの変化が見られます。

悪化してくると痛みが強くなるため、『食欲がなくなる』『水も飲まなくなる』といった様子も。元気もなくなり、じっとしていることが多くなります」

猫の口内炎の治療とは?

前足を舐めるマンチカン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——猫が口内炎になったとき、一般的にはどのような治療が必要になるのでしょうか?

白山先生:
「口内炎の治療は、基本的には対症療法を中心に行います。比較的症状が軽い場合は、まず口腔環境を清潔にし、痛みや炎症がある場合には抗生剤やステロイド剤などを使って、それらをやわらげていきます。軽症の場合には短期間の治療で改善することも期待できます。

ウイルス感染が疑われる場合には、ウイルスを抑えるために、インターフェロンの投与や塗布を行うこともあります。

重症化している場合は、全身麻酔をした上で、炎症がひどい部分の歯やすべての歯を抜くことがあります。この抜歯治療が有効な場合もありますが、必ずしも完治するとは限りません」

猫の口内炎の予防法は?

見つめるメインクーン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——猫の口内炎を予防する方法はあるのでしょうか?

白山先生:
「絶対に有効という予防法はありませんが、細菌の温床となる歯垢・歯石の付着をデンタルケアで防ぐことはとても重要です。また、日頃から口腔内を確認することで、口内炎を初期の段階で発見でき、ひどくなる前に治療してあげることもできます」

あくびをするマンチカン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫の口内炎は全身状態の悪化につながることがあるなど、つらい症状が見られるようです。愛猫の口の中の状態を確認できるように、飼い主さんは日頃からデンタルケアなどを心がけてみてくださいね。

(監修:ねこのきもち獣医師相談室 獣医師・白山さとこ先生)
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/柴田おまめ

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る