1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 猫が不安に思ってしまう飼い主の行動 安心してもらうためには?|獣医師解説

猫と暮らす

UP DATE

猫が不安に思ってしまう飼い主の行動 安心してもらうためには?|獣医師解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飼い主さんの行動を見て、猫が不安に思ってしまうこともあるようです。具体的にどのような行動が、猫を不安な気持ちにさせるのか——ねこのきもち獣医師相談室の白山さとこ先生が解説します。

猫が「安心できない」「不安だ」と思ってしまう飼い主さんの態度や行動は?

くつろぐマンチカン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——猫から「安心できない」「不安だ」と思われてしまうような飼い主さんの態度や行動には、どのようなものがありますか?

白山先生:
「たとえば…

  • 大きな声を出したり、移動時に大きな音を立てる。
  • 急に動いたり動作が大きい。
  • 近くに顔を寄せてじっと見つめてくる。
  • 無理やり抱っこしたり、急になでる。

といった飼い主さんの態度は、猫にとって安心できなかったり、不安な気持ちにさせてしまう恐れがあります。

猫は大きな音や急に動くものが苦手です。飼い主さんがこのような行動をする人であれば、猫に警戒されてしまうでしょう。

また、猫にとって目を凝視するのは、敵意の表れとされています。飼い主さんからであっても、じっと見つめられていると不安に感じてしまうこともあるでしょう。

猫は自由気ままな動物なので、無理に抱っこされたり、急になでられることも苦手な場合が多いです」

猫から安心してもらえるように心がけたいことは?

くつろぐ猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——猫から安心してもらえるように、飼い主さんが普段の行動で意識したいポイントはなんでしょうか?

白山先生:
「急に大きな声を出すことや、部屋を出入りするときのドアの開け閉めの音など、日頃から猫をびっくりさせないように気をつけてあげてください。ゆったりした態度でいることを心がけ、猫が自分から寄ってきてくれるのを待っているくらいがちょうどいいでしょう。

また、猫と目が合ったら優しく声をかけたり、目を細めたり、瞬きをしたり、優しく微笑みかけてあげるとよいですね。

なでたり抱っこするときも、猫の様子を見ながら嫌がられる前にやめるようにしましょう」

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

飼い主さんの無意識の行動で、愛猫を不安にさせていることもあるかもしれません。心当たりのある飼い主さんは、愛猫が安心できるような行動を意識してみてくださいね。

(監修:ねこのきもち獣医師相談室 獣医師・白山さとこ先生)
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る