1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 気持ち
  5. 猫が朝早くに飼い主を起こしにくる理由や対処法は? 獣医師が解説

猫と暮らす

UP DATE

猫が朝早くに飼い主を起こしにくる理由や対処法は? 獣医師が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぐっすり眠っていたい朝の早い時間に、愛猫に起こされることはないでしょうか? 猫が飼い主を起こすのにはさまざまな理由があるようです。今回はねこのきもち獣医師相談室の白山さとこ先生が、猫が朝早くに飼い主を起こしにくる理由を解説します。

猫が朝早くに飼い主を起こす理由は?

ぬいぐるみを抱くマンチカン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

――猫が朝早くに飼い主を起こしにくるのはなぜでしょうか?

白山先生:
「その行動には、猫の『薄明薄暮性』という行動パターンが関係しています。猫が薄暗い明け方や夕方などに活発に行動しやすいのは、野生時代からの習性によるものです。薄暗い時間帯は獲物である小動物などの動きが鈍くなるので、捕まえやすかったのでしょう。

また、猫は『こうするといいことがある』と学習すると、その行動を繰り返し行います。お腹が空いたときに飼い主を起こしてゴハンがもらえたら、『起こせばゴハンがもらえる』と学習し、早朝でも起こしにくるようになります」

愛猫に朝早く起こされたときはどうすればいい?

ひなたぼっこする茶トラ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

――猫が朝早い時間に起こしにくるのをやめさせたい場合は、どうすればいいのでしょうか?

白山先生:
「この場合は、猫が何を求めて起こしにくるのか理解することが大切です。

ゴハンがほしいという要求の場合、自動給餌器を利用する、朝早くお腹が空かないよう夜遅い時間に食事を与える、寝る前に多めにフードを置いておくなどの対処法が効果的。

トイレをきれいにしてほしいという要求の場合は、トイレの数を増やす、システムトイレを利用するなどの工夫がいいでしょう」

――愛猫が遊んでほしくて起こしにくる場合はどうでしょうか?

白山先生:
「朝早くに要求されないよう、昼間に十分に遊んであげる時間をとってあげましょう。『遊んでほしい』『甘えたい』なども、猫にとっては当然の要求です。愛猫と上手にコミュニケーションをとるようにしましょう」

――猫が飼い主を起こそうと、噛んだり舐めたりしてくる場合はどうすればいいでしょうか?

白山先生:
「基本的には反応せずに無視するのが一番。一度でも反応があると、猫は『こうすると飼い主がかまってくれる』と学習してしまいます。布団をすっぽりかぶってやり過ごす、寝室に猫が入れないようにするなどの対応がいいでしょう」

愛猫が急に起こしにくるようになった場合は?

ふわふわの毛並みのスコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

――これまではなかったのに、愛猫が急に起こしにくるようになった場合はどんな原因が考えられますか?

白山先生:
「急にそうした行動が見られる場合には注意が必要です。猫は不安やストレスを感じると、飼い主を起こすようになることがあります。また、ホルモンの病気の影響で食欲旺盛になったり活発になったりして、頻繁に起こしにくることも考えられます。

たとえば食欲があるのに痩せてきた、落ち着きがなく攻撃的、目がぎらついているといった変化が見られたら、愛猫の体調や行動、生活環境に変化がないかよく観察をしてあげましょう。もし気になることがある場合は、獣医師に相談してください」

――ありがとうございました。

猫が早朝に飼い主を起こすのには理由があります。愛猫が何を求めているのか考え、不満を解消できる工夫をしましょう。愛猫を叱ると関係を悪化させるおそれもあるので、叱るのは避けてくださいね。

(監修:ねこのきもち獣医師相談室 獣医師・白山さとこ先生)
取材・文/松本マユ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る