1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫とバスで移動するときに知っておきたい5つのポイント

猫とバスで移動するときに知っておきたい5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫を動物病院につれて行ったりするとき、バスを利用して出かけることもあるでしょう。
猫を初めてバスに乗せる飼い主さんは、わからないことも多いと思います。

この記事では、「猫とバスに乗る前に確認したい5つのポイント」と、「バスの中での適切なキャリーケースの置き方」を解説します!

まずは、バスに乗せる前に確認したいことを見ていきましょう。

①利用条件や料金

バスの場合、猫は無料で乗車できることが多いようです。
キャリーケースのサイズや乗せ方は、各会社によって異なるので事前に確認をしましょう。

②比較的空いている時間帯をチェック!

バスは座席の間隔が近めなので、混雑時はほかの乗客の迷惑になることも。
事前に使う路線に乗ってみるなどして、空いている時間帯を狙いましょう。

③バス移動が初めてなら、出口付近に乗ろう!

もしバスに乗っているときに猫が鳴き始めたら、途中で降車してください。
路線バスは混み合うと、キャリーケースを持って降りるのに苦労するので、心配なら出口付近にいてもいいでしょう。

続いて、「キャリーケースの置き方」について確認します。ポイントは、下記のふたつです。

①基本的に、キャリーケースは膝上か足元に置く

バスは立つスペースが狭いです。
できるだけ座って、キャリーケースは足元に置くのが一番迷惑をかけない置き方でしょう。

もし周りに人がいなければ、膝上でもOKです。

②立つ場合は、足でキャリーケースを挟んで支える

やむをえず立つ場合は、両足でキャリーケースのサイドをしっかり固定してください。
飼い主さんも、手すりやつり革をつかみましょう。

以上のことに気を付ければ、愛猫もストレスなくバスの移動ができると思います。ぜひ、実践してみてくださいね!


出典/「ねこのきもち」2016年9月号『前準備&乗せ方のコツをレクチャー 乗りもの移動 これで安心・快適・スムーズ!』
文/二宮ねこむ
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る