1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 愛猫が突然けいれんした!緊急事態に飼い主さんがすべき3つのこと

愛猫が突然けいれんした!緊急事態に飼い主さんがすべき3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より


「あっ!  愛猫が突然けいれんを……どうしよう」

こんなシチュエーションになったとき、飼い主さんはどのように対応すればよいのでしょうか?

この記事では、けいれんしている愛猫のための飼い主さんができる3つのことを解説します。

①落ち着いて周囲にあるものを遠ざける

猫がけいれんすると、形相まで変わるので怖くなってしまいがちですが、落ち着いて対応することが大切。猫の周囲にものがあると、猫がぶつかってケガをする可能性があるので、手早く遠ざけてください。

また、飼い主さんもケガをする恐れがあるので、少し離れたところに移動しましょう。

【ここに注意!】けいれんしている間は触らない、声をかけないで!

発作が起こっている間は、猫を触ったり、声をかけるのはNGです。何もしないで見守ってください。

②時計を見て、けいれんの続く時間を計る

時計を見て、けいれんの続く時間を計ります。2分以内に治まったら、救急受診の必要はありません。

発作後はぼんやりとした状態になり、30分ほどふらふらと歩き回ることがあります。けいれんはさまざまな原因によって起こるので、猫が落ち着いてから、早めにかかりつけの動物病院を受診して。

③数分以上続くなら、すぐに動物病院へ!

けいれんが数分以上続いて治まらない場合や、治まってもすぐに次のけいれんが起こる場合は、命にかかわる恐れがあるので救急受診の必要があります。

呼吸を妨げないよう注意しながらバスタオルなどで猫の体を包み、そのままキャリーケースに入れて受診しましょう。

まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より


いつ愛猫がけいれいんを起こすかは、予測ができませんよね。しかし、飼い主さんができる対応法を知っておくと、緊急事態でも落ち着いて行動ができるはず。

ぜひ、この3つのことを覚えておいてくださいね!


出典/「ねこのきもち」2016年5月号『新 愛猫の家庭の医学事典』
文/Honoka
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る