1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. ワクチンがなく、発症すると死に至る可能性が高い「猫伝染性腹膜炎」とは

ワクチンがなく、発症すると死に至る可能性が高い「猫伝染性腹膜炎」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

猫の感染症はときに命にかかわる危険な病気が多くあり、それぞれの病気には押さえておくべき特徴があります。

この記事では長く飼っている猫はもちろん、とくに子猫や飼い始めに気をつけたい感染症のうち、ワクチンがなく、発症すると死に至ることが多い「猫伝染性腹膜炎」について解説します。

猫伝染性腹膜炎(FIP)は、突然食欲がなくなり高熱が出る病気

猫伝染性腹膜炎(FIP)とは、「猫コロナウイルス」に感染したあと、ウイルスが猫の体内で毒性の強い「FIPウイルス」に突然変異して発症。ほかの猫から直接FIPウイルスは移らないと考えられています。

猫がもっているコロナウイルスは2種類あり、ほとんどは軽い腸炎を引き起こす「腸コロナウイルス」。しかし、毒性の強い「FIPウイルス」に変異した場合、猫伝染性腹膜炎を発症するのです。

いまのところワクチンがなく、発症するとほとんどが死に至ってしまう病気とされていますが、不明点が多いよう。


まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

猫伝染性腹膜炎では高熱が出ることがほとんどで、目の虹彩が赤く濁る(=ぶどう膜炎)ことで気づくことも。

さらに、下記のように症状は2タイプに分かれます。

①ドライタイプ→目や肝臓に異常をきたす

目や肝臓に異常をきたし、神経症状(異常行動、痙攣など)が見られます。成猫の場合は、このタイプが多いよう。

②ウエットタイプ→お腹や胸に水がたまる

子猫に多く見られるタイプ。お腹や胸に水がたまり、猫によっては500mlを超えます。痛みがないので、飼い主さんが気づかないことも。

早めの対応で改善が見込めることも

子猫の場合、猫伝染性腹膜炎を発症するとほとんど亡くなってしまう病気とされています。しかし、出ている症状に合わせて抗生物質や抗炎症薬、インターフェロンの投与などの治療を早めにすれば、改善が見込めることがあります。

まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

猫伝染性腹膜炎は、完治する方法はいまのところありません。自宅では猫にとってストレスのない環境を整えることが、一番の予防方法となります。

たとえば、トイレをいつも清潔にしていたり、フードと水は新鮮なものを与えたり、暑すぎず寒すぎない室温に調整したり。

飼い主さんは、愛猫のためにこうしたことを心がけてみてくださいね!



出典/「ねこのきもち」2016年5月『子猫や飼い始めは要注意シリーズ② 防げる? 治せる? 付き合える? 意外と知らない ねこの5大感染症』
文/Honoka
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※写真と記事に関連性はありません。

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る