1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 2匹目を迎える前に知っておきたいこと

2匹目を迎える前に知っておきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ねこのきもちweb

猫が1匹でいるのを見て、「もう1匹いたほうがいいかな?」と思ったことがある方は多いでしょう。

でも、ちょっと待って。

2匹目を迎える前に、知っておいてほしいことがあります。「今はまだ」と思っている方も早めに考えてみて!

決め手のひとつは先住猫の性格

2匹目を迎えるにあたって一番大事なのは、先住猫の性格をよく見極めること。
複数飼いによって楽しく過ごせる猫もいれば、逆にストレスを抱える猫も。

どちらになるかは実際に複数飼いをしてみないとわかりませんが、先住猫の性格がひとつの判断材料に。
先住猫が活発で遊び好き、物怖じしない性格なら楽しく過ごせる可能性が高いでしょう。
一方、怖がりで警戒心が強く、気が強い性格なら、ストレスを抱える可能性が高いでしょう。

性格をよく見極めて検討を。

2匹とも幼いうちからがベター

いずれ複数飼いをしたいと考えているなら、先住猫がなるべく幼いうちがベター。
また、新入り寝え子もなるべく幼いほうが、仲よくなれる可能性は高いです。幼いうちは縄張り意識が弱く、遊び相手を欲しているからです。

もちろん、成猫同士で仲よくなれる毛エースもありますが、年齢が上がるとともに、その確率は低くなります。

ねこのきもちweb

性別も判断材料のひとつに

猫同士の相性には、性別による傾向も見られます。

オスは、未去勢だとオス特有のホルモンの働きで縄張り意識が強まり、ほかの猫と敵対しやすくなります。
去勢意ずみだと子猫っぽさを残し、ほかの猫と遊びたがる傾向が。

メスも避妊済みのほうが子猫っぽさを残しますが、オスに比べて神経質で、ほかの猫を受け入れないことが多いよう。

2匹目を迎えるなら、上で挙げた性格、年齢、性別を見極めて、しっかり判断したいですね。実際に会わせてみないとわからないところは大きいですが、2匹が仲よしになる確率をアップさせることは大切です。

出典:「ねこのきもち」2017年9月号『2匹目を迎える前に知っておきたい3つのこと』

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る