1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 「ごろごろ」「ふみふみ」猫のよくするあの行動から、甘えについて解説します。

「ごろごろ」「ふみふみ」猫のよくするあの行動から、甘えについて解説します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ごろごろ」は、幸せな時を思い出して、甘えたくなっている!?

子猫はおっぱいを飲んでいる時「ごろごろ」と喉をならしているのをご存知ですか?これはお母さん猫に「満足しているよ♪」と伝えようとしています。愛猫が「ごろごろ」と喉を鳴らすのは、大好きなお母さんのおっぱいを飲んで幸せだった時の感覚が、大人になっても習性として残っているからだと言われています。お母さん代わりの飼い主さんに甘えたいのですね。

「ごろごろ」もっと甘えていいよ♪

飼い主さんと日向ぼっこをしているのかな?ポカポカしていて気持ちが良さそうなほっこりした一枚です。飼い主さんがそばにいてくれて、きっと安心しているのでしょう。写真からもごろごろと喉を鳴らしている様子が伝わりますね。撫でてあげたくなるふかふかなお腹がたまりません!

甘えたくなると、つい「ふみふみ」してしまう!?

猫を飼っている方なら、布団やクッションなどに前足を「ふみふみ」する動きを見たことがある方も多いと思います。とっても可愛いあの動きも、実は甘えているに現れる行動だそうです。「ごろごろ」と同様に、「ふみふみ」しているときもお母さんのおっぱいを飲んでいた頃を思いだして、幸せな気分になっているのです。

また、前足をリズミカルに動かして揉んでいるような動きをするのは、子猫の時におっぱいを押して、お乳の出をよくしている時の行動なのだそう。その幸せだった時の感覚が大人になっても残っており、飼い主さんに甘えている時に「ふみふみ」といった動きで現れてしまうのですね。

ここがふみふみスポットなのです。

一生懸命ふみふみしてる姿が可愛い一枚です。飼い主さんをお母さん猫のように感じているのでしょう。甘えたくてついふみふみしちゃったのかな?必死にふみふみしているさまが愛らしいですね。

猫にとって飼い主さんはお母さんみたいな存在。そんな風に考えると、ますます愛おしく感じますよね。愛猫が「ごろごろ」や「ふみふみ」をして甘えてきた時は、思う存分甘えさせてあげましょう。

出典/ねこ愛猫の本音事典
文/ishikawa_A
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る