1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫ぜんそく・口内炎・関節炎について解説!早期発見と予防策を

猫ぜんそく・口内炎・関節炎について解説!早期発見と予防策を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「猫ぜんそく」とその予防法

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

「猫ぜんそく」は、たばこの煙や花粉、ハウスダストなどの刺激物に気道が反応したことによる炎症が原因で、咳の発作が起きてしまう病気です。発作を治めるための治療には、ステロイドの薬を使うこともあります。発作の原因となる刺激物としては、ほかにもヘアスプレーや芳香剤、大気汚染物やウイルスなどがあげられます。

《予防法》
部屋を清潔にして、空気清浄機などを使って空気を綺麗にしましょう。猫の生活環境で飼い主さんがタバコを吸わないなどの配慮をし、上述した刺激物をできるだけ除去するよう努めてください。

意外とやっかいな「口内炎」とその予防法

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

「口内炎」は、人間と同様に口腔の病気の一つで、歯垢の細菌への過剰反応が原因とされています。口内炎になった部位が食べている時に痛むため、食欲がなくなって痩せてしまう可能性もあります。

症状としては、よだれを垂らしたり口臭が強くなることもありますので、愛猫にその傾向が見られた場合は、口内炎を疑いましょう。病院で抜歯や歯石を除去することで治る場合もありますが、全身麻酔が必要なため、猫の年齢や体力によっては無理を強いてしまうことにもなりかねません。他には、口内洗浄やステロイド剤の投与、点滴などの対症療法もあります。

《予防法》
愛猫の口の中を清潔にして、歯垢がつかないよう、歯磨きを習慣化しましょう。痛みがあるときは、食べやすい形状のフードを与えてあげてくださいね。

シニア猫に多い「関節炎」とその予防法

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

「関節炎」は、軟骨が減少して関節に炎症が起こる病気で、シニア猫に多く見られます。高いところに登らなくなったり、高いところから降りた時によろけたりする様子が見受けられたら要注意。重症化すると、痛みから動くのを嫌がるようになってしまいます。

処方薬やサプリメントを継続的に与えると回復するケースもあるので、動かないのは「年のせい」だと思わず、早めに気付いて対応することが大切です。

《予防法》
肥満になると関節への負担も大きくなります。体重管理に気をつけて、適切な体重を維持しましょう。また、絨毯を敷くなど、滑りにくい床にすることも予防法の一つになります。

今回紹介した3つの病気は、愛猫の日頃の行動を改善することで、予防することができます。空気を清潔に保ち、歯磨きの習慣をつけ、体重の管理をする。少しの意識で大切な愛猫を病気から守ることができるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

出典/「ねこのきもち」17年4月号『一度かかると長いお付き合いになる病気』(監修:ACプラザ刈谷動物病院 葛西橋通り病院院長 榎本拓也先生)
文/ishikawa_A
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る