1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 知りたい!歯ブラシが苦手な猫におすすめの方法は?

知りたい!歯ブラシが苦手な猫におすすめの方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫の健康のために、歯磨きを習慣化したいけれどどうしても嫌がってしまう!という場合におすすめの方法があります。

ひとつは綿棒での歯磨きですが、もうひとつは、歯磨きシート。どのように使うとよいか、ご紹介します。

歯ブラシを嫌がる時に役立つ「歯磨きシート」って?

動物病院でも取り扱いがある「歯磨きシート」。エッジ構造繊維のシートや、緑茶ポリフェノールが配合されたものも。人差し指に巻くと使いやすいので、まずはシートを人差し指の長さに合うようにカットします。しっかりと指に巻き付ければ、準備完了です。

猫がリラックスできる体勢を見つけよう。

歯磨きシートを使う前に、猫がリラックスしてのぞめるよう膝の上にのせたり、台の上にのせて飼い主の体を密着させるような形をとるとよいでしょう。後ろから手を回すような抱え方が磨きやすい姿勢です。

歯の磨き方は? シートが手に入らない時には?

姿勢が整ったら、歯を磨いていきます。歯垢の付きやすい臼歯(奥歯)から拭いていきましょう。片方の手で猫のあご下を支えます。シートを巻いた人差し指を、猫の口の端から滑らせるように入れて、指の腹で臼歯を左右に小刻みに軽くこすります。

次に、犬歯と切歯を磨きます。歯磨きシートを巻いていないほうの手の親指で、上唇を持ち上げ、シートを巻いた指の腹で左右に小刻みに軽くこすりましょう。長さのある犬歯は縦にもこするとより汚れが取れやすいですよ。

歯磨きシートが手に入らない場合には、ガーゼでも代用ができます。効果や便利さは劣りますが、歯磨きシートと同様に指に巻いて、水やウエットフードの汁を染み込ませて使ってくださいね。


出典/「ねこのきもち」2017年1月号『今年こそ、愛猫に歯磨きしたい!』
(監修:藤田桂一先生/監修・指導:山地七菜子先生/指導:三浦紫陽子さん)
文/阿部康子

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る