1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生臭い口臭がしたらサインかも!猫の「扁平上皮がん」ってどんな病気?

生臭い口臭がしたらサインかも!猫の「扁平上皮がん」ってどんな病気?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
くつろぐ猫
まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

猫が高齢になるにつれ増加する「がん」。飼い猫の寿命が延びている昨今、がんと診断される猫も増えている傾向にあるのです。

この記事では、猫がとくになりやすいがんのうち「扁平上皮がん」について、くわしく解説!

扁平上皮がんってどんな病気?

扁平上皮がんとは、皮膚の粘膜などの「扁平上皮」と呼ばれる細胞が、がん化したもの。猫の場合は顔面、とくに口の中に多く見られます。

扁平上皮がんになると、初めは口の中に小さな潰瘍ができ、徐々に拡大していきます。

扁平上皮がんの症状は?

見つめる猫
まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

扁平上皮がんになると、下記のような症状が見られます。

・口のまわりを気にしてかく
・食べ方がぎこちない
・生臭い口臭がする
・頬が腫れる
・鼻水が出る


など。

扁平上皮がんの原因は?

扁平上皮がんは、日光の紫外線を長時間浴びることが原因のひとつと考えられ、その場合は被毛の薄い耳や、鼻に出やすいでしょう。

こんな猫は、扁平上皮がんに要注意!

見つめる猫
まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

扁平上皮がんは、紫外線の影響を受けやすい、毛色の白い猫が要注意だとされています。

扁平上皮がんの治療法は?

がんが皮膚にできた場合は、その部分や周辺を手術で切除していきます。ただ、口の奥にできていると手術は難しく、効果的な治療法がないケースもあります。

見つめる猫
まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

がんは不治の病の印象が強い病気ですが、「獣医腫瘍学は急速に進歩しています」と、池尻大橋ペットクリニックの遠藤美紀院長はいいます。

病気についての知識を持ち、定期的に健康診断を受けるなどの予防につとめ、愛猫をがんから守りましょう!


出典/「ねこのきもち」2016年12月号『気になるセカンドオピニオンについても 愛猫をがんから守りたい!』
(監修:池尻大橋ペットクリニック 遠藤美紀院長)
文/Honoka
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る