1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 突然噛まれたり、引っかかれたりすることも…知っておきたい猫の「愛撫誘発性攻撃行動」

猫と暮らす

UP DATE

突然噛まれたり、引っかかれたりすることも…知っておきたい猫の「愛撫誘発性攻撃行動」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の「愛撫誘発性攻撃行動」というのを知っていますか? 飼い主さんが気づいていないだけで、愛猫にこの行動をさせてしまっていることもあるのかもしれません。

愛撫誘発性攻撃行動について、ねこのきもち獣医師相談室の原 駿太朗先生に聞きました。

猫の愛撫誘発性攻撃行動とは?

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——猫の愛撫誘発性攻撃行動とはなんでしょうか?

原先生:
猫が人になでられているとき、しっぽを振ったり体をねじったりしたあと、急に人に噛みついたり、抱いていた腕から逃げ出したりすることがあります。これを愛撫誘発性攻撃行動といいます。

寝ている愛猫をなでていると急に噛みつかれた経験がある飼い主さんもいるかもしれませんが、これも愛撫誘発性攻撃行動でしょう」

——どのようなことが原因で、愛撫誘発性攻撃行動が見られるのでしょうか?

原先生:
「原因としては、猫の元々の行動に由来することが多いのではないかと考えられます。

特に、自分自身でグルーミングをするのが好きな猫は、他の人から触られることを嫌がる傾向があります。また、自分の時間が好きな猫だったりシャイな猫も、他の人から触られることが苦手だったりするかもしれませんね」

猫の愛撫誘発性攻撃行動が起こらないように、配慮できることは?

くつろぐ猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——愛撫誘発性攻撃行動が起こらないようにするために、飼い主さんが配慮できることはありますか?

原先生:
「たとえば…

  • 一回のなでるタイミングで、あまり長い時間なでないようにする
  • 猫がしっぽを揺らしたり視線がいろんなところに向き始めたら、すぐになでるのをやめる

といったことを決め事として持っておくとよいかもしれませんね。

猫はしつこくなでられたときに噛みついてアピールすることがあるので、必要以上にかまいすぎないなど、配慮してあげましょう」

見つめるベンガル
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

スキンシップのつもりで愛猫をなでたいと思っても、そのコの性質やなでるタイミングによっては、嫌がって攻撃してくることもあるようです。

愛猫がなでてほしいときになでてあげるなど、飼い主さんは配慮してあげられるといいですね。

(監修:ねこのきもち獣医師相談室 獣医師・原 駿太朗先生)
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/柴田おまめ

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る