1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. いつもの食事タイムに飽きたら試したい、遊び心ある工夫はこれ!

いつもの食事タイムに飽きたら試したい、遊び心ある工夫はこれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「飼い始めたころは、毎回の食事時間が楽しみだったけれど、最近は慣れてきたからかマンネリぎみ」。そんな風に感じ始めたら、遊び心ある工夫を取り入れてみませんか?

猫の狩猟本能を刺激する、“1粒ずつ作戦”!

いつもはお皿に入れてあげていたドライフードを、1粒ずつ与えてみましょう。
新聞紙を用意して広げたら、ドライフードを少しずつまきます。新聞紙のカサつく音が、獲物の動く音に似ていることで猫の狩猟本能が刺激されますよ。1粒ずつ時間をかけて食べるため、いつもは一気食いしてしまうクセのある猫に特におすすめです。

猫もワクワク!ゲーム感覚で脳を刺激。

瓶に入ったフードの取り出し方を考えたり、隠されたフードを見つけたり。猫の脳を刺激する食事方法で、マンネリ化を打破できます!

まずひとつめは、100円ショップなどでも購入ができる瓶を使った方法。1食分のフードを瓶に入れたら、中身を猫に見せて気を引きましょう。その後、瓶を倒して猫が中に前足を入れてフードを食べたら成功! 瓶の間口は直径6cmほどがおすすめです。

猫は知能が高く、前足をとても器用に動かすことができます。瓶を使った方法は、猫もすぐにコツを掴めるでしょう。

ふたつめは、ペットボトルのフタを使う方法。フタを2つ用意して、ドライフード1粒をどちらかのフタで隠し、猫にフードがどちらに入っているか当てさせるゲームです。まるで宝探しのようなワクワク感を猫も感じているはず! 慣れてきたら、フタの数を増やして遊んでもより楽しめるでしょう。 

飼い主さんが「最近の食事時間、マンネリぎみ」と思う気持ちは、自然と猫にも伝わってしまうはず。いつもの食事時間に少しの工夫をプラスするだけで、飼い主さんにとっても愛猫にとっても、新鮮で楽しい時間に早変わり! 今日から早速試してみてくださいね。

出典/『ねこのきもち』2018年2月号「マンネリ解消しよう!」(監修:帝京科学大学助教、動物看護師 小野寺 温先生)
文/阿部康子

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る