1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 【獣医師が解説】死亡例も「猫のてんかん」症状から原因〜対処法まで

【獣医師が解説】死亡例も「猫のてんかん」症状から原因〜対処法まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、猫の「てんかん」について、症状や治療方法、発作の判断方法や危険性などをご紹介します。症状を事前に知ることは早期発見の確率を高め、最悪のケースを防ぐことにもつながります。てんかんへの正しい向き合い方を一緒に学んでいきましょう。

「猫のてんかん」とはどういう病気?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

「てんかん」とはさまざまな要因で脳内の神経回路がショートしているために突然発作が起こる病気です。てんかんの要因は、その分類によって多少異なります。

また精神的なストレスや天候などの要因も、てんかんの発作に関係しているともいわれています。中には救急車などのサイレンで特発的にてんかんの発作が起きることも。

てんかんは、大きく3つに分類することができます。

症候性てんかん

「症候性てんかん」は、何らかの脳への損傷が原因で起こるてんかんのことで、脳炎や脳腫瘍によるものです。MRIなどの検査で脳に異常があった際は、「症候性てんかん」が疑われます。病状自体は安定していても、てんかん発作を引き起こす可能性があります。

特発性てんかん

「特発性てんかん」は、脳損傷のように脳への直接的な原因がないのに起こるてんかんです。遺伝的要素が強いと思われています。はっきりわかる異常が無い場合には「特発性てんかん」と診断されることが多いでしょう。上述した、天候や音、光、ストレスが引き金となることがありますので、注意が必要です。

潜因性てんかん

上述した症候性てんかん同様に、脳に何らかの器質的損傷が見られるてんかんを「潜因性てんかん」といいます。症候性てんかんとの違いは、脳の損傷の原因が不明であるという点です。
症候性てんかんにも特発性てんかんにも分類できないものを、潜因性てんかんを分類することが多いです。

その他、てんかん様発作が見られることもありますが、これは厳密にはてんかんとは呼んでいません。

てんかんに治療法ってあるの?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

まずは血液検査とMRI検査を行い、てんかんの原因を探ります。症候性てんかんの場合には、原因となっている病気の治療を優先的に行います。特発性てんかんの場合には、抗てんかん薬による薬物治療で対応します。

症候性てんかんの場合には、その疾患がよくなることで発作が起きにくくなることもありますが、てんかんの発作が完全に治まるとは言い切れません。てんかんの治療は長期間に及ぶケースが大半です。長く付き合う病気となる覚悟が必要です。

てんかんの治療は、回数を減らす目的で、発作のコントロールを試みるのが一般的。てんかんであると診断されたら、薬をあげた後の猫の様子を観察しましょう。薬にも種類があり、副作用などもありますので、猫の様子がおかしければすぐに獣医に相談するようにしましょう。症状がよくなってきたからといって、独断で断薬するのはNGです。かえって症状が悪化する恐れがあります。

症候性・潜因性てんかんの治療

一例としては病気の治療を優先して行い、症状がそれ以上悪化しないようにします。抗てんかん剤の投与を並行して行うこともあります。もし発作の頻度が多くなければ抗てんかん剤の投与はせず、経過観察をすることがあります。治療方法は病気と症状により異なります。

特発性てんかんの治療

抗てんかん剤を飲ませて発作の回数を減らします。基本的に薬は生涯飲み続ける必要があり、複数の種類を処方されることもあります。

てんかんで死んでしまうことはあるの?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

発作が原因で命を落とすことがあります。てんかんの発作時に、高いところから落下して命にかかわる怪我をする、喉に物を詰まらせて窒息してしまう、誤って水槽に落下し溺死してしまう、といった例があります。発作で暴れて、家具の角に頭をぶつけてしまうこともあります。

中にはてんかんの発作が繰り返し起きてしまい、猫の意識もなく、薬も効かず、安楽死を選択せざるを得なかった飼い主さんもいるようです。てんかんの発作には「群発発作」と「重積発作」の2つがあり、「群発発作」は1日に複数回以上起きる発作のことをいいます。一方「重積発作」は5〜10分以上続く長い発作のことをいい、脳にダメージを与え、ときには命にかかわることもあるので注意が必要です。

もしかしててんかん発作?こんな時には要注意

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

水をたくさん飲む、いつもよりも深く眠っている、いつもより甘えてくるなど、いつもと愛猫の様子が違うときには注意しましょう。猫のてんかんは犬や人のてんかんと異なり、前兆なく突然発作が現れることが多いようです。常に小さな変化に目を光らせましょう。

もし家の中をフラフラと歩いていたら要注意です。歩く様子を観察することはさまざまな病気を発見するために大切な視点。てんかん以外の病気の可能性もあるため、早めに動物病院へ受診するようにしましょう。

なお発作には、体の一部がぴくぴくとけいれんする部分発作から始まり全身が動かせないほどけいれんする全般発作に至る場合と、はじめから全般発作が起きる場合があります。けいれんに気づいたら一刻も早く動物病院を受診しましょう。

愛猫がけいれんし始めたら…

もし突然けいれんし始めたら、まずは猫の周りのものをどけて、猫が高いところにいる場合は降ろして安全を確保します。見ているのは辛いですが、下手に手を出さずに見守りましょう。名前を呼ぶなど声をかけることで、意識があるかどうかも観察しましょう。可能であればどんな様子でけいれんが起きているのか動画を撮影しておくと、動物病院で正確に伝えられます。

けいれんの長さは、とても重要な情報です。できれば正確な時間を計測しておければベター。もし1分以上収まらないときは危険な状態なので、動物病院を緊急受診しましょう。近くの動物病院が緊急対応をしているかどうかなど、事前に確認しておくと安心ですね。

他にも、発作の日時や前兆の有無、発作中・発作後の様子、回復までにかかった時間も記録しておくと良いです。

てんかん発作の症状はさまざまで、けいれんのほかにも、四肢が硬直する、倒れる、意識が急になくなる、口から泡を吐く、無意識に排泄をしてしまうなどが代表的です。いずれも普段の様子を観察することで「正常な状態」を把握しておくことが大切です。少し変だなと思ったら、迷わず動物病院へ連れて行きましょうね。

出典元/『ねこのきもち』2017年4月号「一度かかると長いお付き合いになる病気」(監修:榎本拓也先生)
監修/ねこのきもち相談室獣医師
文/summerake
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る