1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 爪切りが苦手な猫ちゃんも安心!猫の爪をササッと時短で切る方法

爪切りが苦手な猫ちゃんも安心!猫の爪をササッと時短で切る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

爪切りを行う前のチェックポイント

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

爪切りは猫用のもの?人用のもの?どっちを使うべき?

猫の爪を切るために使用するのは、猫用のハサミ形の爪切りもしくは人間用の爪切りどちらでも構いません。猫用の爪切りは、切る時に爪先が見えるようになっていますので、切りすぎを防ぐことができるメリットがあります。

人間用の爪切りは普段からよく使用しているということもあり、飼い主が感覚的に使いやすいのが特徴です。お好みでどちらか好きなほうを選んでみてくださいね。

爪を切る前に猫をリラックスさせてあげよう

爪切りをする前には、愛猫がリラックスできる体勢を整えてあげることが大切です。猫をひざに乗せるか、後ろから抱え込むように抱くかし、愛猫が嫌がらない体勢をとるようにしてください。

抱っこに抵抗がない猫の場合は、あらかじめ猫が好きなブランケットや布をひざにのせた状態でひざにのせるのがおすすめ。爪切りを持ったままの状態で猫ちゃんを撫でてあげたり、反対側の手で肉球を触ったりしてリラックスさせてあげましょう。後ろから抱える場合には、ソファーや床などで猫がくつろいでいるときを狙うのがポイントです。

爪切りのタイプ別!刃の当て方

猫用のハサミ形の爪切りは、爪の先を横から挟むように使います。爪に対して刃を垂直にあててカットすると、失敗することなくササッと切れます。

反対に人用の爪切りを使用する場合は、人と同じように刃を垂直にあててしまうと、爪が割れる原因となりますので注意しましょう。爪切りを横に寝かせた状態で、挟むように切ってみてください。

猫の爪を切ってみよう!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫の爪を切るための事前準備ができたら、次はいよいよ実際に爪を切っていきます。

①親指で押して爪を出す

まずは猫の足先を軽く握り、爪の付け根を親指で真上から下に押し込み爪を出します。このとき力を入れすぎる必要はありません。軽く押すだけでも爪全体が目視できるようになりますので、試してみてください。

爪をどこまで切ったらいいのか悩む方もいると思います。家庭で猫の爪を切る際は、爪の下側のカーブが一番急な部分まで切るのが理想的。深く切りすぎると猫が痛みを感じたり、猫の血管を傷つけたりする恐れがあるので注意が必要です。

②爪を切るポイントは手早く・小分けに・少しずつ

親指で押して猫の爪を露出させたら、①で示した位置を目安に爪切りでカットしていきます。足の爪のなかでも特に切りづらい親指は、爪を根元まで露出させたあとに飼い主側に足先を傾けると切りやすくなります。

また後ろ足の爪を切る際には爪切りを持っているほうの腕で猫の上半身を固定し、反対の手で足先を持ってから切るのがおすすめ。猫が暴れたり興奮したりするのを防ぐため、うとうとしているタイミングを狙って、サッと切るようにしてください。

爪を切っている最中に猫が爪切りを嫌がったときは、無理して1回で全部の爪を切る必要はありません。数日に分けてちょっとずつ切り進めてあげましょう。

どうしても爪切りが苦手な猫ちゃんに無理は禁物!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

今回ご紹介した方法を実践しても、どうしても爪を切らせてくれない猫ちゃんの場合は、家庭で爪を切ることを無理強いしないほうが良いです。少しずつ切り進めるのが難しい場合には、健康診断や受診等のタイミングで、動物病院で切ってもらうのがおすすめ。飼い主も猫ちゃんも、無理のない範囲で爪切りを行うようにしてくださいね。

参考/「ねこのきもち」18年2月号『お手入れBOOK』(監修:聖母坂どうぶつ病院 獣医師 鵜飼佳実先生)
文/子狸ぼん
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る