1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫の健康状態のバロメーター!オシッコチェックで猫の不調は見逃さない!

猫の健康状態のバロメーター!オシッコチェックで猫の不調は見逃さない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段のオシッコの様子やトイレに向かう回数を覚えておこう

猫の健康状態のバロメーターのひとつが、オシッコです。飼い主さんがオシッコのチェックを習慣化することで、猫の体の不調をいち早く気付けるようになります。どのような点に注意をしておくとよいか、ご紹介します。

まずは、日頃のオシッコの量やトイレに行く回数を覚えておきましょう。また色やニオイが健康状態を知る手がかりに。さらには排泄をしている姿勢にも注意を。それぞれ、健康な状態を知っておくことで、少しの異変でも敏感になれます。日々観察することが大切です。

1日のオシッコの量や回数は?

猫が1日にするオシッコの量を知っていますか? 体重1kgあたり22〜30mlです。つまり、4kgほどの体重の猫の場合、約100mlのオシッコをします。また成猫の1日の回数は2〜4回が目安です。子猫や老猫の場合は、それより回数が増えることも。

システムトイレの場合はオシッコを吸収するシートなどを外しておき、トレーにたまったオシッコを軽量カップで計って。固まる砂を使用している場合は、スコップでオシッコがかかっている塊をすくい、大きさがいつも通りかどうかで判断を。

理想のオシッコの色は? ニオイや、排泄の様子も大切。

判断しやすいのはオシッコの色。理想は他の液体で例えるならばジャスミンティーのような澄んだ黄色です。水を飲んだ直後は薄めだったり、寝起きで排泄の時間が空いた場合は濃かったりするケースもあります。

オシッコの色によっては病気の疑いもあるため、日頃から気をつけておきたいもの。キラキラとした黄色だったり濁っていると結石(結晶)が原因として考えられ、尿石症の疑いが。赤っぽく血が混じったオシッコは膀胱炎や尿石症の可能性があります。また、透明に近い黄色は多飲多尿の糖尿病た慢性腎不全、オレンジ色の場合は肝臓病の恐れも。

それではニオイはどうでしょう? 猫の場合は凝縮されているため、人間よりもかなり強いニオイを発します。普段と違うニオイがする場合は注意が必要です。またトイレの姿勢も気をつけておきたい点。お尻をトイレ砂に近づけて座ってするか、少しお尻を上げてする猫も。落ち着かずに何度もトイレを出入りしたりする場合は、そのあとのおしっこの色はニオイにも気をつけましょう。

オシッコはわかりやすい健康のバロメーター。まずは通常の健康的な状態がどのような色や量、ニオイかなどを観察しておくことが大切です。

ぜひ、無理のないところから取り入れてみてくださいね。


参考/「ねこのきもち」17年5月号『オシッコでわかること~日々の観察で体の状態を知る~』(監修/聖母坂どうぶつ病院獣医師 鵜飼佳実先生)
文/阿部康子

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る