1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. これは愛?それとも…。愛すべき「出待ち猫」の生態とは

これは愛?それとも…。愛すべき「出待ち猫」の生態とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まるでスター気分? 愛すべき「出待ち猫」

ねこのきもち投稿写真ギャラリー

玄関の扉を開けると、そこにはいつも出迎えてくれる愛猫の姿。「ニャオ〜ン(お帰り〜)」の甘えた声と共にキラキラした瞳で“三つ指ついて”待っている姿に、1日の疲れも吹き飛びますよね。

飼い主さんを熱烈歓迎してくれる愛猫は、まるで憧れのスターをテレビ局やコンサート会場で待っているファンのよう。まさに「出待ち猫」です。

そんな出待ち猫、出現するのは玄関だけではありません。飼い主さんがトイレに入れば、扉をカリカリしながら「開けて〜」と催促。お風呂に入れば、スモークガラスの向こうで我慢強く待ち続ける姿にキュンとしますよね。家を出た後も、ふと振り返ると窓辺で見送ってくれていたりと、「どんだけ私が好きなの!?」と、出待ち猫のけなげな姿に癒されます。

いつもはクールなくせに、愛猫が律儀に出待ちをするのはどうしてでしょうか? 

愛猫の出待ち、その理由は…?

ねこのきもち投稿写真ギャラリー

実は、愛猫が出待ちをするのは、飼い主さんを待っているというより、飼い主さんが「してくれること」を待っているのです。

集団行動をするワンちゃんと違って、猫は基本、単独行動。そのため、誰かと一緒にいたいという気持ちは薄く、飼い主さんに対してもドライです。

でも、飼い主さんが帰ってくる=ごはんを用意してくれる、トイレを掃除してくれる、遊んでくれる…と、うれしいことをいっぱいしてくれることを猫は知っています。そのため、飼い主さんの帰宅を大歓迎するのです。

では、トイレやお風呂で待っているのはどうしてでしょうか? これは、ただの好奇心。トイレやお風呂には飼い主さんだけが入り、自分は入れてもらえない。さらに、中からは水の流れる音がする…というので、猫は「何しているの?」と好奇心がくすぐられ、出待ちをしてしまうのです。

出待ち猫はいつから待ってる? 人を選ぶ?

ねこのきもち投稿写真ギャラリー

では、愛猫は飼い主さんが帰宅するどれくらい前から待っているのでしょうか? もし、帰宅時間がいつも同じくらいなら、猫もなんとなく習慣としてその時間を覚えています。「そろそろかな…」と様子をうかがい、外で足音や車のエンジン音などが聞こえたら、ピューっと出待ちの定位置へ移動します。

でも、家族の中でも、猫が出待ちする相手って決まっていませんか? それは、愛猫が「してほしいことをしてくれる人」を選んで、出待ちをしているから。わが家の愛猫も、ごはん係の息子が帰宅する時間が近づくとソワソワし始め、足音や自転車の音がすると玄関へ飛んで行きます。私も含め、ほかの家族の帰宅時は、お昼寝場所からほとんど動かず…です(苦笑)。

猫にとって、願いをかなえてくれる人=大好きな人。出待ちはある意味、愛猫の愛情表現と思うと、玄関で待ってくれる姿がいっそう可愛く思えますね。

参考/「ねこのきもち」2016年8月号『出待ちする猫』(監修/藤井仁美先生(代官山動物病院獣医師、獣医行動診療科認定医、ペット行動カウンセラー。))
撮影/後藤さくら
文/ヤマモト トモミ
※写真は一部、アプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る