1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 寒いと感じる前がお世話の替え時!猫の寒さ対策を早めにチェック

寒いと感じる前がお世話の替え時!猫の寒さ対策を早めにチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫はもともと寒さに弱い動物です。体が小さい分、人よりも寒さを感じやすため、飼い主さんが「寒い」と感じる冬になる前に防寒対策をする必要があります。今回は、猫が心地よいと感じる室温やトイレの場所など、冬に向けて替えたいお世話について解説します。

居場所や室温設定を変えよう

毛布の上で寝ているアメリカンショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫が普段過ごす場所を、冬に向けていつもより暖かくしてあげましょう。よく日向ぼっこをしている場所に、ふわふわの布を置いたり、猫ベッドにもこもこの布を敷いたりして、ぬくもりをアップさせてあげるといいですよ。
室内温度設定の目安は、住んでいる地域や家の構造にもよりますが、24〜26℃が目安です。子猫やシニア猫の場合はもうすこし高めの設定でもいいでしょう。飼い主さんの在宅中は、人が暖かいと感じる室温設定ならOKです。

飼い主さんが留守中のときは・・・

お気に入りの茶色の毛布の上で寝る猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫だけでお留守番のときは、室温が気になりますよね。そんなときは、猫が入ってもいい部屋のドアを、ドアストッパーで留めて開けておきましょう。そうすれば、猫が自分から心地よいと感じる場所を選んで自由に行き来することができますよ。

トイレは暖かい場所へおこう

リビングでくつろぐスコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

寒い時季はトイレも暖かい場所へ移動しましょう。トイレの場所が寒いと、猫は排泄を我慢してしまう事があります。さらに、トイレをリビングなどのあたたかい場所にも置くようにすると◎
また、冬はおしっこの病気になりやすい時季でもあります。リビングなど目の届く場所にトイレがあれば、おしっこの色や量、回数もチェックしやすいですよね。念入りにチェックして、気になることがあれば動物病院を受診しましょう。

飲み水やご飯は替える?

水を飲んでる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

寒くなるとカラダが冷えるので、水を飲む量も減りがちに。猫がよくいる部屋にできるだけ多くの水飲みボウルを置いたり、器の形をかえたりして、猫が水をたくさん飲める工夫ができるといいですね。
また、ご飯の一部をウェットタイプのものに替えることで、自然と水分量を増やすことができます。ドライフードより歯垢が付きやすいので、歯のケアも忘れないようにしましょう。

季節の変わり目で食欲が増える?

ご飯をおねだりしているスコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫の食欲は、夏から秋・冬への季節の変わり目や、去勢・避妊手術後などに増加する傾向があります。おねだりされるたびにフードを与えていると肥満になってしまい、病気を引き起こす原因にもなりかねません。とはいえ、しつこいおねだりを無視するのはなかなか難しく、できるだけ応えてあげたいですよね。そんなときは、1日分のフードを小分けにし、回数を増やして与えましょう。食欲が増えたとしても与える量は今まで通りにすることがポイントです。

居場所や室温設定、トイレやフードのことなど、肌寒くなる前に知っておけば、冬にはぽかぽかで快適な環境を猫に提供することができます。季節の変わり目は食欲が増える傾向にありますが、猫の健康のためにも与えすぎに注意し、元気で快適な冬を迎えられるようにしましょう。

参考/「ねこのきもち」2017年12月号『季節、年齢、猫の様子、環境etc.猫の「変化」はお世話の替えどきです』(監修:モノカ動物病院院長 小林清佳先生)
文/ishikawa_A
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る