1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫のお世話にまつわる3つの疑問を解説します!

猫のお世話にまつわる3つの疑問を解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫と暮らす中で発生するお世話。
どんなに大切にしていても、失敗してしまうときや方法がわからないことなどありませんか?

ここでは、飼い主さんから寄せられた、お世話に関する3つの疑問を、Q&A形式でご紹介します。

Q. 爪切りで血管を切ってしまった!どのような処置をしたらいい?

人の手に前足をのせている子猫

A. 深爪で出血してしまったら、まずは止血をしましょう。

慌てずに清潔なガーゼなどで、出血したところをしっかりと2~3分間押さえます。ふき取るようにこするのは避けましょう。また、ペットショップなどで販売している専用の止血剤の粉を使用してもOKです。粉を指先に多めにとって、出血した部分に押し付けて使用します。それでも止まらないときは、出血部分を圧迫した状態で動物病院を受診しましょう。

Q. 猫が3匹いるのですが、どの猫が吐いたかわかる方法はありますか?

カゴに入っている2匹の猫

A. 顔を近づけてにおいを嗅いでみること

複数飼いしている猫が同じ部屋にいるときなど、どの子が吐いたかわからなくなってしまうこともあるでしょう。見分ける方法としては、吐いた直後なら、口から胃液のにおいがすることがあるので、顔を近づけてにおいを嗅いでみることです。また、吐いてしばらくは、元気がなかったり食欲がなかったりするので、猫の様子をよく観察してみましょう。嘔吐と下痢が同時に起こることもあるので、それぞれの猫の便の状態もチェックしてくださいね。

Q. 猫にも歯磨きは必要ですか?

気持ちよさそうに寝ている赤い首輪の猫

A. 歯磨きはしっかり行いましょう
猫は虫歯になりにくいのですが、歯周病にはなってしまうので、歯磨きをして予防をすることが大事です。現在では、3才以上の猫の8割が歯周病といわれています。野生の猫は生肉を噛み切ることで、歯がブラッシングされて歯垢がたまりにくくなりますが、飼い猫はやわらかいウェットフードやドライフードを食べているので、飼い主さんがお口のケアをしてあげないと歯垢がたまってしまうのです。

猫を飼っている人なら、深爪してしまったり、複数飼いしている猫が吐いてしまったり、歯磨きを嫌がる猫の姿をみていると「歯磨きをしなくてもいいかな~」なんて思ったりするかもしれません。そんなときは、こちらのQ&Aを思い出してくださいね♪

参考/「ねこのきもち」『獣医相談室発 愛猫のために知っておきたいQ&A45 決定版』
文/ishikawa_A
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る