1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 「あ、いま愛猫に見下されたかも…」 猫の態度が誤解を招きがちなワケ

猫と暮らす

UP DATE

「あ、いま愛猫に見下されたかも…」 猫の態度が誤解を招きがちなワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫の態度を見て、こんなふうに思ったことのある飼い主さんはいませんか?


「なんだかちょっと見下されている気がする……」

「絶対に私よりも自分のほうが偉いと思ってる!」



などなど……。

しかし、それは飼い主さんの誤解の可能性があるみたい! 今回、ねこのきもち獣医師相談室の先生が、くわしく解説します。

猫は「飼い主さんより自分のほうが偉い」と思うことがあるの?

Getty

動物が、他の生き物に対して「自分のほうが偉い」という感覚を持つのかどうかは、そもそもわかっていません。

もちろん、猫が人間に対して「自分のほうが偉い」と感じているかどうかも、本当のところはわかりません。

しかし、見られている飼い主さんの側としては……


愛猫が「自分(猫)のほうが、人間(飼い主)よりも偉いと思っている」


と誤解してしまう状況は、確かにあるようです。

ではなぜ、飼い主さんは愛猫の態度を、そのように誤解してしまうのか。その理由に迫ってみましょう。

愛猫に「見下されているかも」と思いがちな状況あるあるは……

Getty

そもそも、人間の側が「バカにされている、見下されている」と感じがちになるのは、具体的にどのような状況でしょうか。

たとえば、以下のような場合が考えられるかもしれませんね。

  • 熱心に愛猫に話しかけている最中に、うるさそうに無視をされたり、目の前で退屈そうにあくびをされたりするとき。

  • 愛猫に、目線の高い場所から文字通り「見下されて」いるとき。かつ、そのときの愛猫の雰囲気が冷静で冷ややかだった場合。

猫がこうした「誤解を招きやすい反応」をする理由は、猫がもともと持っている本能に基づく行動から考えてみると、わかりやすいです。

猫の「肉欲獣」としての本能的な6つの行動

Getty

猫は、人間よりもずっと小さくて愛らしい姿をしていますが、れっきとした「肉食獣」

そして、人間のペットとしてのんびり暮らしている猫にも、自分の力で狩りをして獲物を得る肉食獣としての本能は残っています。

精神的にも成熟した大人の猫が、本能的にすることがある行動には、大きく分けて以下の6つがあります。

Getty

①猫はもともと、自分よりも小さくて盛んに動くものを見ると獲物を狩る本能が刺激され、飛びかかったりじゃれついたりするような「狩りを模した行動」をしやすい。

※子猫はやみくもに行動するが、成猫の場合はそのときの気分によって反応が良かったり、悪かったりとムラがある。


②狩りをしないときには体をなるべく休めて、体力を温存しようとする。


③睡眠は浅く、少しの物音で目を覚まして起きることも多い。ただしその分、寝ている(もしくは休んでいる)時間は長い。


Getty

④体をゆっくり休めたいときには、見晴らしの良い高い場所を選びがち。


⑤群れないで単独行動をする(ただし、仲の良い猫同士であれば、互いに毛づくろいしたり、じゃれあったりするようなコミュニケーションはある)。


⑥雄でも雌でも自分の縄張りをもち、知らない相手が縄張りに入るとストレスを感じることもある。積極的に追い出そうと、相手を威嚇したりする場合も。


Getty

これらの本能的な行動が、どの程度強く表れるかはそれぞれの猫の性格にもよります。

しかし、精神的にも成熟した大人の猫になると、このような本能的な行動をとる機会は子猫のときに比べると徐々に多くなります。

そして、それに応じて、飼い主さんとは少し離れた場所で自分だけで過ごす時間を持つようになる傾向もあるようです。

飼い主さんが誤解しやすい猫の態度を「猫の本能」から分析!

さて、上記のような猫の本能的な行動を理解した上で、人間が誤解しがちな猫の行動について改めて考えてみましょう。

「上から目線で冷ややかに見られてる気がする」理由

Getty

まず、愛猫が高いところに上って寝ている状況は、「安心できる場所でのんびり体を休めたい」という本能的な行動の可能性があります。

しかし、愛猫がのんびり休みたいと思っているのに、やみくもに話しかけたりかまったりすれば、愛猫にとっては楽しいとはいえない状況になるでしょう。

こんなときに多くの猫がとりやすい行動は、まずは状況を見るために、そのままの姿勢で薄目を開けて周囲の状況を確認すること。

この行動に対して、飼い主さんは「上から目線で冷ややかに見られる」と感じてしまうのかもしれませんね。

「うるさそうに無視された気がする」理由

Getty

愛猫からうるさそうに無視されたような感じがするというのも、薄目を開けて周囲の状況を確認してた愛猫が、「危険はない」と判断して、もう一度寝ようと目を閉じているだけかもしれません。

「目の前であくびをされてバカにされた感じがする」理由

Getty

愛猫が飼い主さんの目の前であくびをするのも、相手をバカにしているのではなく、愛猫が自分自身の気持ちをもう一度落ち着かせるためにしているしぐさの可能性があります。

猫という生き物の行動から考えると、上記のように考えることもできます。

飼い主さんは、せっかく話しかけたのに愛猫に相手にしてもらえず、寂しさを感じるかもしれませんが、決して飼い主さんのことを「バカにしている、見下している」わけではないのです。

Getty

一見、冷たそうに見える愛猫の行動も、ただ本能に基づいて行動しているだけのようです。落ち込んでしまった飼い主さんは、安心してよさそうですね!


(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る