1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生態
  4. ちょっと意外? 猫の「集中力」を引き出すのは〇〇だった!

猫と暮らす

UP DATE

ちょっと意外? 猫の「集中力」を引き出すのは〇〇だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫に対して、“自由気ままで飽きっぽい”といったイメージを持っている人もいるでしょう。
しかし、猫はときどきすさまじい集中力を見せ、飼い主さんを驚かせることがあります。

今回は、猫の集中力に関する飼い主さんのエピソードとともに、猫の集中力を引き出す要因について解説します。

エピソード1:遊びモードは長時間

はじめてのおもちゃ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー


東京都に住むAさんの愛猫は、ふだんは控えめでおとなしい性格。しかし、お気に入りのおもちゃを前にすると、夢中で何十分も遊んでいるそうです。そのときの目つきは、まるでハンターのようだといいます。いつもの性格とのギャップに、Aさんは「集中しているな~」と感じるそうですよ。


エピソード2:窓の外をいつまでも見つめている

ちょっぴり窓開けてもらった♪
ねこのきもち投稿写真ギャラリー


外からチュンチュンと、鳥の鳴き声がすると窓辺にダッシュ! それからずっと外を見続けているというのは、栃木県に住むBさんの愛猫です。集中してじーっと外の鳥を観察しているときは、Bさんが体を触ってもまったく動かず、鳥から目を離さないといいます。


エピソード3:ご飯は一気に食べる!

仲良くご飯
ねこのきもち投稿写真ギャラリー


大阪府に住むCさんの愛猫は、もともと食べることが大好き! とはいえ、食事中の集中力は尋常じゃないそう……。ご飯を一心不乱に食べ続け、このときばかりは、ふだん苦手な被り物も許してくれる(?)そうです。


猫の集中力は強い“狩りへの執着心”によるものだった!

イラスト/ベスヨシコ


人と暮らしている猫の遊びは、狩りの代わりです。そして、鳥は狩りの対象になり、食事は狩りの結果となる行動なので、3つのエピソードからもわかるように、猫が集中力を見せるシーンは”狩り”に関する事柄が多いようです。

これは、人から何かを要求されることが少ないまま、猫がペットとして飼われるようになったことが要因だと考えられます。猫は野性味を残したまま人と暮らしているので、本来の猫の行動といわれる、狩りを家の中でも本気で行うのです。そのため、狩りに関係する集中力がとても強く見えるのでしょう。


安心して集中できる“安全な環境”であることも関係している?

イラスト/ベスヨシコ


野生時代の猫は、狩りをしている時間でも敵に襲われる危険が。しかし、家で飼われるようになると、そこが安全な環境だと認識し、存分に好きなことに集中できるようになりました。集中した猫に触れても無反応なのは、家の中が安全な環境だとわかっているからなのかもしれませんね。


このように、猫の集中力は“狩りへの強い執着心”から生まれたものだということがわかりました。集中しているときの猫の姿は、凛々しく堂々として見えます。しかし、その勇ましい姿が、食事への執着から生まれたものだと思うと、ちょっとかわいらしくも見えてきませんか?

参考/「ねこのきもち」2017年1月号『飽きっぽく、忘れっぽく、気ままに見えても…猫にも集中力・記憶力・判断力ってあるみたい!』(監修:京都大学院文学研究科教授 藤田和生先生)
イラスト/ベスヨシコ
文/HONTAKA
※一部写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る